« アラブのテレビコマーシャル | トップページ | 恵みの雨が… »

2008年11月 3日 (月)

オバマ氏はイスラム教徒?

アメリカ大統領選もいよいよ投票日がせまってきました。中東情勢は、良くも悪くもアメリカの影響が大です。サウジ人も何かとその動向を気にしているようで、今朝も職場の同僚が、「どちらが大統領になってほしい?」 と聞いてきました。

「オバマはよく知らないけど、やっぱりブッシュの方に勝たせちゃいけないんじゃない?」 と答えると、彼は満足そうに大きくうなずきながら、「本当に、アメリカ人はなんであんなの (ブッシュ) を選んだんだろうね」 と言ってきました。

「オバマはアフリカ系だけど、白人社会に受け入れられるかな?」 と逆にたずねると、彼は 「それはわからないけど、それよりもオバマってムスリムなんでしょ?、ちょっとまずいんじゃないの?」 とかなりの心配顔。

確かに実の父はケニア人でイスラム教徒 (なので息子もそうなる)、名前も Barack Hussein Obama Jr.で、バラックを"ck"で書いているのでなんとなく洋風な感じですが、バラカ (Baraka) はアラビア語で祝福という意味。

エジプト大統領はムバラクですが、オバマ氏もおそらくもとの名前は Mubarak がちょっとアフリカ風になった Mbarak だったんじゃないでしょうか。名前が人格を表すわけではありませんが、イメージは大切ですからね。変えたくなるのもわかります。

同僚には、オバマ氏が子どもの頃クリスチャンに改宗したはずだと伝えましたが、普通そんなことをしたら地獄行き即決定の罰当たり行為ですから、逆に彼は 「う~ん…」 とうなったまま考え込んでしまいました。

オバマ氏はもともとはイスラム教徒なので、白人クリスチャンの大統領よりは親近感がある一方、イスラムを捨てたという意味では、とんでもない輩なわけです。アラブ人にとっては、どちらかと言えばオバマ大統領を期待したいのに、両手で迎え入れるわけにもいかない、なんとも複雑な関係性があるようです。

アメリカ大統領選では、官民ともにえげつない中傷合戦が繰り広げられるわけですが、ニューヨーカー誌が掲載した、オバマ夫妻をイスラム過激派に見立てた漫画も、これまた最低の部類ですね。アメリカって変な国…。

456ny

|

« アラブのテレビコマーシャル | トップページ | 恵みの雨が… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラブのテレビコマーシャル | トップページ | 恵みの雨が… »