« ヘンナ・カレンダー | トップページ | 電線だらけ »

2008年12月21日 (日)

サンゴの家

ジェッダ旧市街は歴史地区として保存が行われています。アラベスクをかたどった木製のバルコニーが据え付けられた建物は異国情緒がただよい、見る者を当時にタイムスリップさせるような感覚を与えます。ただ、近年は建物の老朽化が進み、傾きかけたものもちらほら見かけます。ジェッダ市も建物倒壊の危険性を憂慮して、そんな建物の取り壊しを進めています。

ジェッダに残る古い建物は、ブロックがわりにサンゴを使用しているため強度が低い、あるいはコンクリートに砂利のかわりにサンゴを混ぜているため強度が低いと聞いたことがあります。写真のボロボロになった壁 (基礎) の中に、確かに貝殻が見て取れますから、この話は本当だったようです。サンゴでできた家なんてちょっとロマンチックな響きですが、塩分もあるでしょうし、建築資材としてはあまり適当ではなかったかもしれません。

484building1484building2484building3

|

« ヘンナ・カレンダー | トップページ | 電線だらけ »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘンナ・カレンダー | トップページ | 電線だらけ »