« 香港B級グルメ② | トップページ | 反骨のイラン人女性アーティスト »

2008年12月19日 (金)

実録:目には目を

■女性を酸で失明させた男に 「目には目を」 の刑罰-イラン

女性の顔に酸をかけて失明させた男に対し、テヘラン地方裁判所が被害者の訴えを認め、同じように酸をかけて失明させることを命じる判決を言い渡した被告人の男 (27) は2004年11月、仕事から帰宅途中の女性の後を付け、顔に酸をかけて失明させたとされる。公判で罪を認め、被害者の女性を愛しており、自分のことも愛して欲しかったと主張していた。

女性は何度も手術を受け、スペインでも治療を受けたが視力が回復する見込みはないという。男は公判で今でも女性と結婚したいと語ったが、女性はその申し出を拒絶。「目には目を」 のイスラム法に基づき、加害者に自分と同じ苦しみを与えて 「女性の顔に酸を投げつける権利などないことを分からせてほしい」 と求めた。

判決は裁判官3人の合議で女性の訴えを認め、被告人の顔に酸をかけて失明させたうえ、慰謝料を支払うよう命じる判決を言い渡した。被告人は裁判所の判断に不服があれば、控訴することができる。[CNN.co.jp 2008.12.18]

………こ、怖い。女性の気持ちはわかりますが…。

|

« 香港B級グルメ② | トップページ | 反骨のイラン人女性アーティスト »

旅行・地域 中東各国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香港B級グルメ② | トップページ | 反骨のイラン人女性アーティスト »