« 犬とロバ | トップページ | 豊饒のシンボル »

2008年12月16日 (火)

寄りそうふたり

中東では、男同士で手をつないで歩く姿を日常的に目にします。この動作にはそっち系の特別な意味があるわけではなく、単に仲良しの印という感じです。ただし、これが小指をからめているなんて場合は、ちょっと疑いたくなってしまうわけですが。

今日見たおかしな光景について。ふたりの男性が職場の廊下を並んで歩いていました。その格好ときたら、いわば「A」の字。つまり、互いの右肩と左肩をくっつけ、足はやや外側、体を斜めにして互いに支え合いながら歩いています。手もしっかりつないでいるので、正面から見たらまんま「A」でした。互いの頭をこすりつけ合いながらはにかむふたり。至福の表情。ゲロゲロ…

あぁ、げんなり。

477futari

|

« 犬とロバ | トップページ | 豊饒のシンボル »

旅行・地域 中東各国」カテゴリの記事

コメント

へぇ。。。
同性愛とくに男同士の場合には嫌悪感をむき出しにするのに。。。
手をつないで歩くんですか。不思議~。
肩を組んで歩いてるのはよく見かけました。

投稿: ali | 2008年12月17日 (水) 12時23分

いや、中東だと男同士ってけっこうありみたいな気が…、想像したらまた気持ち悪く…。

投稿: shukran | 2008年12月17日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬とロバ | トップページ | 豊饒のシンボル »