« マックアラビア | トップページ | 幻想的な花 »

2009年1月 3日 (土)

サウジアラビア2009年度国家予算

サウジアラビアの2009年度国家予算が発表されました。石油価格が異常な高騰を見せていた春頃に次々と発表された大盤振る舞い (公務員の給与アップ、大学職員の住宅費補助、各種大型プロジェクトなど) が尾を引いているのか、1999年以来、最大規模の赤字予算となっています。

歳入: 4,100億リヤル(1,093億ドル) *2008年:4,500億リヤル
歳出: 4,750億リヤル(1,267億ドル) *2008年:4,100億リヤル
収支:-650億リヤル(173億ドル)

もっとも、これまでに貯めた莫大な外貨資産があるのでほとんど問題はないそうです。景気が悪い時こそ政府が公共事業を増やさないといけませんからね。ただし原油価格が1バーレル43ドル (エコノミストによっては55ドル) を維持するのが前提のようです。ここ1年の世界経済の停滞と原油価格の乱高下を見ると、なかなか厳しい条件かもしれません。

【歳出内訳】
①教育、人材開発: 1,221億リヤル(326億ドル)
②ヘルスケア、社会奉仕: 523億リヤル(139億ドル)
③地方自治体向け公共事業: 198億リヤル(53億ドル)
④運輸、通信: 192億リヤル(51億ドル)
⑤水、農業、インフラ: 354億リヤル(94億ドル)
⑥公的金融機関向け: 750億リヤル(200億ドル)
⑦その他

新聞情報ではあまり細かく内訳はわかりませんが、きっと王族用の予算も莫大な額が計上されているんでしょうね。

ちなみに、サウジアラビア統計局が発表した2008年末のサウジアラビアの人口は24,842,000人でした。うち、サウジアラビア人は18,151,000人 (人口増加率2.3%)、外国人は6,691,000人。あいかわらず外国人労働者 (とその家族) が多いですね。

|

« マックアラビア | トップページ | 幻想的な花 »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マックアラビア | トップページ | 幻想的な花 »