« サウジアラビアの水代 | トップページ | モロッコ料理① »

2009年1月17日 (土)

サウジで離婚が増えている

サウジアラビアにおける2008年の離婚件数は2万4428件で、2007年より5663件増えていることが司法省により発表されました。1ヶ月当たりの婚姻件数9480件に対して、離婚は1980件 (計算が合いませんが新聞発表はこの数字) に上ります。一番離婚が多いのは首都のリヤドで7085件、次いでマッカの5749件です。

原因は、宗教的価値感の欠落、低所得、結婚したカップルの個人的生活に対する親戚の干渉、衛星放送番組による悪影響などを専門家は指摘しています。サウジアラビアは良くも悪くも大家族主義ですから、今どきの若者にはちょっと煙たいのかもしれません。

10年前のデータでサウジアラビアの離婚率 (1000人あたりの離婚件数) は0.79人でしたが (下図参照)、現在は1.35人 (離婚24,428件/人口18,151,000人) ですから相当な上昇率です。女性に離婚を主張する権利はほとんどありませんから、特に男性側の忍耐力が落ちてきたということなのでしょうか。

自由恋愛とは言いませんが、せめて婚約期間中のデートを合法化すれば、家族のことも含めてもう少しお互いを知ることができるでしょうから、不幸な結婚が多少は減るかもしれません。それにしても 「デートを合法化」って自分で書いててなんだか…。

508rikonritsu

|

« サウジアラビアの水代 | トップページ | モロッコ料理① »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サウジアラビアの水代 | トップページ | モロッコ料理① »