« ダンマン鉄道 | トップページ | バハレンに自由を求めて »

2009年2月27日 (金)

ダンマン鉄道 補足

チケットはインターネットや電話予約もできるそうですが、今回は駅の窓口で購入しました。英語もOK。チケットには名前が記載されるのでIDカードの提示が必要になります。運行スケジュールと運賃表は以下の通り。やはりリハーブクラスがおすすめです (昨日の記事に写真あり)。というかリハーブ以外はやめておいた方が無難かも。

*ダンマン鉄道運行スケジュールと運賃表
(1リヤル=約25円)

チケット代で一目瞭然ですが、ファーストクラスはセカンドクラスとほとんど差がなく、ややシートの前後が広いかなというくらい。ほぼ満員の車内は、サウジ人のサイズがサイズなだけに、かなりぎゅうぎゅう詰めの印象でした。ただ、両クラスともシートは新幹線並みには良かったです。

リハーブクラスはとにかく広々。シートも革だし車内もクーラーが良く効いています (むしろ効き過ぎ)。テレビでずっと 「トムとジェリー」 が流れているのも暇つぶしになりました。駅の待合室もVIPルームで、そこでは無料の無線LANが使えます。アラビックコーヒーとおいしいデーツが振る舞われるのもポイント高し。

ダンマンからの帰路は食堂車にも行きましたが、ワゴンセールと同じサンドイッチしかありませんでした。ガッカリ。ハンバーガーは冷たいままだし。なお、帰りは日没の時間にあたりましたが、ほぼ太陽に向かって進行していたため、残念ながらきれいな夕日を見ることはできませんでした。

560damrail1 560damrail2 560damrail3

560rail_ticket

|

« ダンマン鉄道 | トップページ | バハレンに自由を求めて »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンマン鉄道 | トップページ | バハレンに自由を求めて »