« ニューシャ・タバコリアン | トップページ | ダンマン鉄道 »

2009年2月25日 (水)

麻婆豆腐狂想曲

エチオピアで中国人コックが同胞のために作る庶民的かつ本格的な中華料理を味わったことと、去年から香港に行く機会が多かったので、酒も豚もないリヤドで中華料理などとても食べられないとは思っていましたが、このところ麻婆豆腐が食べたくなって、何軒かお店をまわってみました。

■1軒目: Peking
まるでダメ。肉は鶏、辛味は唐辛子がほんの少し。辛くもなければ旨くもない。豆腐はスカスカ。でも餃子 (というか焼売) は魚介系でおいしかったので、他の料理は少し期待できるかも。そもそもイギリス人コミュニティーのサイトで絶賛されていた店なので一番最初に行きましたが、料理の味でイギリス人の言うことを信用してはいけなかったでしょうか。

■2軒目: Nawader
2月21日の夕方に行ったら、シャッターが下りていてそこには 「サービスを維持できなくなりました。2月20日をもって廃業します」 という貼り紙が。この店、昔は一番おいしいと言う人もいて、1年前に麻婆豆腐を食べた時もエチオピアの味には及ばないもののなかなかおいしいと思ったので、この知らせはかなりショックでした。前の日に行っていれば良かった…。

■3軒目: Golden Dragon
ここの麻婆豆腐はおいしい、と人づてに聞いていたので、かなり期待して行きました。餃子も肉汁たっぷりで本格的。ワンタンスープもさりげなく美味。しかし肝心の主役は、どう見ても麻婆豆腐ではなさそうな料理でした (写真1)。「これ、麻婆豆腐?」 と店員に聞いてみたのですが、「イエス、ボス!」 と言われてしまいぐうの音も出ませんでした。味は、別物としてもちょっと…。というより自分は揚げ豆腐があまり好きではないことを再確認。

■4軒目: Riyadh Chinese
ここも1度行ったことがある店でした。餃子 (焼売) は魚介系で旨味も食べ応えも十分。スープヌードルは実は昨日書いたのがそうなんですが、見た目にくらべて味はとてもいいんです。麺はまさに手打ちうどん、エビもプリプリ。で、麻婆豆腐はというと、なんとここも揚げ豆腐。しかも鶏肉。前の店では絶対に間違って出されたと思っていたのですが、もしかして広い中国では揚げ豆腐の麻婆が主流なのかも、などと弱気になってしまいました。でも、いわゆる麻婆豆腐とは味が違いました。当然、満足感はありませんでした。

■5軒目: Golden Dragon 再び
前回のオーダーがどうにも納得できなくて、先日ここで麻婆豆腐を食べたという人にメールで写真を送って確認すると、やはりその人が食べたものとは違う料理とのこと。逆にある意味ホッとして、ならば再び麻婆豆腐を注文せねばなるまいと、鼻息も荒いまま店に駆けつけたわけです。

注文を取りに来たのは前回と同じ店員でした。麻婆豆腐と伝えると、次のような会話になりました。

「あぁ、この前のと同じですね」
「いや、あれはカントリースタイルの方だ、マーボースタイルをくれ」
「マーボーはあれですが」
「ノー、あれはカントリースタイル、自分が食べたいのはマーボースタイル」
「えぇと、豆腐がこれくらいの形で、フライになっていて…」
「フライじゃないやつ、マーボーはフライになってない」
「でもあれが…」
「とにかくこの前のとは違う方にして」
「じゃあ、チャイニーズスタイルですね」
「ん?」
「トウフ・チャイニーズスタイルですね」
「いや、マーボーなんだけど…、まぁいいや、それで」

メニューには豆腐料理はカントリースタイルとマーボースタイルのふたつしかありません。まさか 「第三の麻婆豆腐」 が出てくるのでは、と一抹の不安を覚えましたが、結果、ついに念願の麻婆豆腐をゲットすることができたのでした (写真2)。

「ボス、これがマーボーです」
「おぉ、パーフェクト、これだよ、欲しかったのは」
「ボス、今日は勉強になりました」
「OK、OK、ノープロブレム」
「前回はベリーバッド、でも今日はベリーグッドでしょう」
「そうだな、ありがとう」

パーフェクトもなにも2品しかないんだからそれくらい憶えていてよ、と思わないでもなかったのですが、まぁ、この若い店員もほめられて伸びそうなタイプだったし、最後はちゃんと食べられたんだから細かいことは気にしない、ということで。それよりいったい何人の人が違う麻婆豆腐を食べさせられたのかと、他人事ながらちょっと心配になってしまいました。

さて、味の方はというと、ま、ねばったわりには普通でした。山椒を使っているのはいいけれど、エチオピアのはもっとドッサリ山椒が入っていました。こう考えると、Nawader を逃したのが本当に痛い…。

558mabo1558mabo2

|

« ニューシャ・タバコリアン | トップページ | ダンマン鉄道 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニューシャ・タバコリアン | トップページ | ダンマン鉄道 »