« そこはかとなく悲しくなる写真 | トップページ | リヤドの夜景 »

2009年3月26日 (木)

サウジ国産ハンバーガー

アメリカにマクドあり、そしてサウジにハルフィーあり。Herfy は創業27年、サウジアラビア純国産ハンバーガーチェーン店です。全国に120店舗を展開し、名実ともにサウジアラビアNo.1ファストフード店です。

以前リヤドにいた時もその看板はかなり目にしていたのですが、「何もわざわざハルフィーに」 という失礼な気持ちを抱いていたため、一度も入り口の扉をくぐることはありませんでした。

そして今回、離任まであと数日とせまったこの時期に、「何でわざわざハルフィーに」 と思わないでもありませんでしたが、これを逃せば一生その味にふれることはないと気を取り直し、家から一番近い店にとんでいったわけです。以下、コメント。

■サービス
世界最低レベル。若造がばんばん横入りするし、レジのサウジ人の兄ちゃんはこちらを完全無視だし、この国においてアジア人労働者が置かれている立場が少し理解できました。他のファストフード店よりサウダイゼーション (労働力のサウジ人化) が進んでいるため、こんなことになっているのかも。ほめていいんだか悪いんだか。

ようやく注文を終え頼んだスーパーハルフィーを待っていた時、パキスタン人で使用人とおぼしき男性が、何やら怒りまくってレジに突進してきました。「おい、また品物間違えてるぞ、これで4度目だ、お前らはバカか!」 ブロークンアラビックで怒鳴りちらし、もうとにかくすごい剣幕。どうやらテイクアウトして家に帰って中身を見たら、チキンバーガーの代わりにスーパーハルフィーが入っていたようです。で、主人がこうして交換しに越させた模様。

奥から出てきたマネージャーがどんな対応をするだろうかと見ていたら、まったく表情を変えず、もちろんひと言も謝りもせず、「返金?、それとも交換?」 と冷たい業務口調。パキスタン人が 「チキンバーガーがいるんだ」 と答えると、「じゃあ2リヤル払って」 と当然のように言い放ちました。

予想もしなかった切り返しにパキスタン人はあっけにとられていました。それはそうでしょう、これだけ客に手間をかけさせといて、さらに2リヤル (50円) 請求するとは誰が思うでしょう。彼がアーとかウーとか口ごもっていると、マネージャーはメニューを指さし、「これはいくらだ、言ってみろ、16だろ、こっちは18だ、だからあと2リヤル」

困ったパキスタン人は携帯で主人に電話し、マネージャーと直接話をさせていたようでしたが、結局どうなったのかな。最後までは見届けませんでした。混雑していたわりに、意外と早くスーパーハルフィーが来たので。

……これって、パキスタン人が突っ返してきたやつ?。車に乗り込んでふと悪い予感が頭をよぎり、あわてて中身を見てみました。とりあえず包みを開けた形跡はなし。温度も熱いとは言えませんがそれなりに温か。「まいっか…」 この状況ではそうつぶやくしかありませんでした。

■味
ひどいサービスの割に、味についてはバーガーキングのワッパーに似ていておいしかったです。トマトとマヨネーズがたっぷりで、玉ネギ、レタス、ピクルスも大きめ。パンもこだわりの自社生産で甘味があっておいしいし、とにかく全体のバランスが良い。ビッグマックよりは完全にこちらの方がおいしいと思いました。

ポテトはなんだかコクがなくていまいちだなと思ったら、袋に 「コレステロールフリー」 の文字が。なかなかあなどれません。世界進出もいけるんじゃないんでしょうか。というかそうすれば店員もサウジ人ではなくなるから、絶対にその方がいいでしょう。

■ロゴ
ハンバーガーのようなロゴは、アラビア語の 「H (ハー)」 です。ハルフィーのハ。外人の間ではハーフィーと言うのが一般的ですが、アラビア語の発音はハルフィー。ちなみにスーパーハーフィーではなく、スーバルハルフィー。ボテトとベブシもついてるよ。P音がないってちょっと不便。

591herfy1591herfy2

|

« そこはかとなく悲しくなる写真 | トップページ | リヤドの夜景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

帰国されるまであと数日ですね。今、一番忙しい時ですね。Shukranさんの家の大家さんもきっと寂しいでしょうね しかしこの店員さんの態度すごいですね。あと2リアル払ったのかどうか知りたいです 私のいる某ヨーロッパの長靴の国では最近こんな様な事に遭遇しないな~。少しはマシになったのかも

投稿: marika | 2009年3月26日 (木) 09時21分

ひと昔前はみんな 「お先にどうぞ」 と言う余裕があったような気がします。時代が変わったんでしょうかねぇ。(←遠い目)

ちなみに大家からは敷金10万円を返してもらうのにえらく手こずりました。そういった意味では向こうも寂しい思いはしているかも!?

投稿: shukran | 2009年3月27日 (金) 07時35分

ハルフィー、懐かしいです…と言いつつ実は一度も行かなかったんですが。
私は密かにTomTomのファンでした。
味がどうこうということではなく、ドムドムバーガーのパクリっぽい店名がツボにはまったのでw
Kuduはわりと普通に好きでしたが、TomTomやKuduもアラブ系のチェーン店なんでしょうか?

投稿: サイトヲ | 2009年3月27日 (金) 21時41分

確かにハルフィー、微妙ですよね。外国人もみんなその存在は知っていますが、あえて行く気にはなれないという。で、今回あえて行ってみたら、やっぱりこんな感じだったんですけど。でも本当に味は良かったです。

投稿: shukran | 2009年3月28日 (土) 04時29分

ヒルヒか、懐かしい。
美味しそうですね。
食べてみたいなぁ!
紹介してくれてありがとうね

投稿: ムーム | 2009年5月26日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そこはかとなく悲しくなる写真 | トップページ | リヤドの夜景 »