« スシ・フレンチ | トップページ | いえ、一人です »

2009年3月 5日 (木)

麻婆豆腐・再び

リヤドの中華料理屋では老舗と言ってもいい 「ガルフロイヤル」 には、当時、家から近いということもあって月に1~2回行っていました。料理がどれも甘ったるくて、口の悪い人は 「フィリピン中華」 などと言っていましたが、かといって決してまずいわけでもなく、いいメニューを選べばほどほどにおいしく、それなりに満足できていました。今回、13年ぶりに行ってみようと思ったのは、先日の麻婆豆腐食べ比べ (3店) がどれもいまいちだったからです。

しかし今回の目的は麻婆豆腐。ピリッと辛味の効いた麻婆が食べたい自分としては、かなりの不安を抱えつつお店に入りました。まずは蒸し餃子 (肉&エビ) を注文。味の方はというと、うーーーん、かなーり疑問。肉は細かく挽きすぎていて、さらに蒸しすぎのため旨味が全部抜け出ています。エビの方はあまりにもパサパサで、きっとエビを茹でてから細かく挽いたんだと思いますが、こちらも旨味は何もなく、2個食べても 「鶏肉?」 と思っていたくらいです。

なんだか当時よりもさらにレベルが落ちていたので、麻婆豆腐もどんなものが出てくるのかヒヤヒヤしながら待っていたのですが、テーブルに運ばれてきたそれは見た目にはとても立派な麻婆豆腐でした。少し嬉しくなって、「どれどれ」 とおもむろに豆腐をひとつパクリと口に放り込むと、豆腐自体は今までの3店とくらべても一番おいしい!。が、しかし、味が…、甘い、そして酸っぱい、さらに相当辛い。ついでに言うと深みのない表面的な辛さ。山椒も使っていません。

「コレハナンダ?」 と首をかしげつつ食べ進めていると、しばらくして、ふと、これはタイ料理の味だと思いあたりました。酸味と甘味が強烈で、さながらトムヤムクンのような味つけです。そう考えて食べると、これはこれでアリかなとも思いましたが、でも、決して自分が思い描く麻婆豆腐ではありませんでした。前はフィリピン中華でしたが、現在はタイ中華になったということでしょうか…?

料理というのは常に人々の嗜好に応えなければならない宿命があって、そうでなければ淘汰されてしまうわけですから、当然、味も変わって然るべきだと思います。特に中華料理は世界中に進出して各地で根付いていますから、味の振れ幅が大きくなるのは仕方ありません。たとえサウジの中華料理に不満を感じたとしても、それは料理がまずいのではなく、ただ自分の嗜好に合わないだけです。実際、ガルフロイヤルはもう20年以上続いているし。

なんて理屈をこねて自分を納得させようとしていますが、やっぱりこの麻婆豆腐の味つけはちょっと悲しすぎました。豆腐がおいしかっただけに。餃子はさすがに論外ではないかと。断言する自信はありませんが。

566gulfroyal1 566gulfroyal2

|

« スシ・フレンチ | トップページ | いえ、一人です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

shukranさん、初めまして。
サウジを検索していてHP拝見させていただきました。
現在フランス在住のMeganと申します。
とても貴重な情報が沢山書かれていて感動してしまいました。
サウジの友人達に話を聞くだけで実際に写真等は見た事が無かったのでとっても興味深いです。
タイフには行かれた事はありますか?

サウジダイヤも実物の写真も初めて見ました。
青みがかったサウジダイヤ、とっても綺麗ですね。
サウジ以外でも手に入れる事は可能なのでしょうか?

投稿: Megan | 2009年3月 9日 (月) 05時24分

初めまして。確かフランスは大学構内で女性のスカーフ着用が禁止なんですよね。サウジ人の国費留学生の一人がそれで留学をキャンセルしたというニュースを何ヶ月か前に読みました。その時は自由という思想を守るのもなかなか大変なんだなと思いました。

タイフは昔ジェッダに車で行った時に通過しただけです。王族の夏の避暑地としてつとに有名な町です。サウジダイヤはさすがに国外では販売されていないのではないでしょうか。質の良いものは素人にはダイヤと区別がつきにくいので (玄人が見たら丸わかりですが)、一時期サウジ国内でも販売が禁止されていたことがあるそうです。

では、またよろしくお願いします。

投稿: shukran | 2009年3月 9日 (月) 05時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スシ・フレンチ | トップページ | いえ、一人です »