« 赤ちゃんぐるぐる巻き | トップページ | フンコロガシ »

2010年2月 3日 (水)

米国テロ情報

3─6カ月内の米国へのテロ攻撃は「確実な情勢」と、情報機関
ワシントン(CNN 2010.2.03)

米中央情報局(CIA)、米連邦捜査局(FBI)などの主要情報機関首脳が2日、上院情報特別委員会で証言し、今後3─6カ月内に米国で新たなテロが起きるのは「確実な情勢」との見方を示した。

ただ、このテロの具体的な内容などについては触れなかった。国際テロ組織アルカイダが米国の安全保障にとって依然、最大の脅威であるとし、サイバーテロの危険性も増大しており、米情報機関の対策が緊急課題となっているとも指摘した。

同委には、情報機関をたばねるブレア国家情報長官、パネッタCIA長官やムラーFBI長官らが出席、証言した。ブレア長官は委員会への送った文書の証言で、アルカイダによる米国へのテロ攻撃を最終的になくすためには、最高指導者オサマ・ビンラディン容疑者やナンバー2のザワヒリ容疑者を捕そくするしかないとの考えを表明。

また、サイバーテロ対策では、米国の現在のシステムでは有効に阻止出来ないとし、早急な対策が必要と訴えた。「秘密性を帯びた情報は米政府省庁や民間企業から毎日のように盗まれている」との危機感も示した。

一方、パネッタ長官は、昨年のクリスマスにデトロイト上空で起きた米機爆破テロ未遂事件に言及。「アルカイダはテロ謀議の事前察知がますます困難になる手口を編み出している」とし、同テロ未遂事件で訴追されたナイジェリア国籍の被告が過去にテロ組織と関与した記録がなく、米国への入国査証を保持していた事実などに注意を向けた。

………うーん、空港とかさらに大変になりそう。

|

« 赤ちゃんぐるぐる巻き | トップページ | フンコロガシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤ちゃんぐるぐる巻き | トップページ | フンコロガシ »