« フィジーウォーター | トップページ | お刺身 »

2010年6月11日 (金)

宗教と科学

車いすの宇宙物理学者、スティーブン・ホーキング博士が、宗教と科学の違いについて米ABCニュースのインタビューに答えています。

"There is a fundamental difference between religion, which is based on authority, [and] science, which is based on observation and reason.  Science will win because it works."

(権力を基本とする宗教と、観察と理由を基本とする科学の間には、根本的な相違がある。科学は勝つ、だってつじつまが合うから)

本当なら博士に拍手喝采したいところですが、じつは今日、はじめてトンガのお葬式に行ってきました。

科学は人の命を救うことができます。おそらく宗教よりもはるかに高い確率で。だから、人が生きている間は科学を信じるべきだと思います。

けれども、科学は人の悲しみを癒すことはできません。人の死亡を証明することはできても。

お葬式の最中、教会の天窓にはめこまれたステンドグラスを見ながら、空の上にはきっと天国があってほしいと、心の底から思いました。

このときばかりは宗教が "It works." だったのです。

|

« フィジーウォーター | トップページ | お刺身 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィジーウォーター | トップページ | お刺身 »