« トンガ人の正装 | トップページ | ヘイララ祭 »

2010年7月15日 (木)

フランス、ブルカ禁止法案を可決

[2010.7.14 CNN] フランスの下院に当たる国民議会は13日、イスラム教徒の女性が着用するブルカなど顔を覆う衣装を禁止する法案を335対1の賛成多数で可決した。9月20日の週に上院で審議される見通し。

法案は、違反者に対して150ユーロの罰金を義務付け、女性にブルカやニカブの着用を強要した者に対しては1年の禁固または1万5000ユーロの罰金を科す内容。法案が成立すれば半年後から施行される予定で、女性が自主的にブルカなどの着用をやめることを促す時間を設ける。

ブルカなどについて国民議会は5月に「国家の価値観と相容れない」とする決議を採択し、政府は同月の閣議で法案を了承。一方、仏最高行政裁判所は、着用を禁止すれば国際人権法や自国の憲法に違反する可能性があると指摘していた。

法案の国民議会通過を受けて国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは声明を発表し「顔を覆う衣装の全面禁止は、自身のアイデンティティや信仰を表現するものとして公の場でブルカやニカブを着用している女性の表現や信仰の自由を侵害するものだ」と批判した。

民間の調査機関がこの春に実施した世論調査では、フランス国民の82%が禁止法案に賛成、17%が反対し、賛成の割合は調査対象となった5カ国の中で最も高かった。

………ブルカを積極的に肯定する気はありませんが、ことは複雑です。「法律が気に入らなかったらフランスから出て行け」ということなんでしょうか。自由っていったいなんなんでしょう。難しい問題です。

ブルカの過去記事

|

« トンガ人の正装 | トップページ | ヘイララ祭 »

イスラム文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンガ人の正装 | トップページ | ヘイララ祭 »