« 草を喰む鳥 | トップページ | いとこ婚の危険性 »

2010年8月25日 (水)

原油を分解する新種の細菌発見

【ワシントン共同】 メキシコ湾の原油流出事故現場付近の深海で、原油を分解する新種の細菌を米ローレンスバークリー国立研究所のチームが発見し、24日付 の米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。チームは、原油の成分が高濃度に含まれた水深1100mの深海にプロテオバクテリアと呼ばれる細菌の仲間が生息しているのを確認。この細菌は5度と水温が低い海域でも、効率よく原油を分解するのが特徴という。[2010.8.25]

………この細菌をうまく使えば、事故で流出した原油を通常よりも早く処理できるだろうと期待している関係者も多いんじゃないかと思います。一方で、このニュースにやきもきしている国もあるのかなぁ、と。

湾岸戦争後に、同種のバクテリアがペルシャ湾の油田地帯にばらまかれた、なんてウワサがあったことを思い出しました。なんだかサウジ人が怒ってたなぁ。「ぜんぶアメリカの陰謀だ!」って。

|

« 草を喰む鳥 | トップページ | いとこ婚の危険性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草を喰む鳥 | トップページ | いとこ婚の危険性 »