« ミス・ユニバース2010 | トップページ | ツチボタル »

2010年8月28日 (土)

イランという国

その昔、カタールにいた頃は、イラン・イラク戦争末期。ペルシャ湾岸の国は歴史的にイランとの交流が深く、イラン人もたくさんいたし、もちろんイラン大使館もありました。

そんなある日、イラン大使館からオフィスに届いた1冊の写真集。表紙をめくったあの時の衝撃は今でも忘れません。それは、イラク軍が国境の村で毒ガスを使用し、イラン人の村がひとつ全滅したという記録写真集でした。

ページをめくるたびどんどん欝になる、そんな写真集でした。イラン大使館の目論見もむなしく、この写真集を見終わったあとも (正確には途中でギブアップしましたが)、自分の気持ちが反イラクに傾くことはありませんでした。むしろちょっとイランが嫌いになったかも。

ということで、イランていまだによくわかりません。今度「ペルセポリス」をちゃんと読もう。

092persepolis


|

« ミス・ユニバース2010 | トップページ | ツチボタル »

旅行・地域 中東各国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミス・ユニバース2010 | トップページ | ツチボタル »