« ご馳走 | トップページ | そんなの関係ねー »

2011年2月27日 (日)

サウジアラビアのインドネシア人メイド

サウジアラビアは自国人の人口1815万人に対して、669万人の外国人労働者がいます (2008年統計)。ほとんどはいわゆる3Kの職種で、パキスタン、バングラデシュ、インド南部、インドネシアなどアジアのイスラム圏からの派遣がほとんどです (看護師と船員はフィリピンが多い)。

サウジアラビア人の生活になくてはならない人材が、住み込みの運転手とメイド (庭師もかな)。サウジ政府の公式発表では、こうした家庭内労働者は120万人、うち女性メイドは48万人とされていますが、多くのメディアではインドネシア人のメイドだけで150万人いて、毎月2万人がインドネシアから派遣されていると言われています。つまり、未登録の人がかなりいるということでしょう。

ここ数年、インドネシア人メイドの多くがサウジアラビアで給与未払いや虐待にあっているという報道が相次ぎ、オーナーのもとを逃げ出すメイドも多発していることから、両国の間で彼女らの派遣を一時停止するという発表がなされました。昨年12月にはジェッダの橋の下に数百人のインドネシア人がホームレス化しているという報道もありました (これはメイドだけではない)。

実は彼女たちの70%は、インドネシア西ヌサ・トゥンガラ州の出身です (ロンボク島があるところ)。州政府のホームページにもサウジでの就労に関すると思われるニュースが載っていました (インドネシア語なので内容は全然わかりませんが)。彼女たちの本国への送金は年間40億リヤル (880億円) に上り、もちろんこれだけの人数が行き来するのですから、航空会社にとっても派遣が停止するのは大打撃でしょう。

どちらかというとインドネシア政府のほうが弱気になるはずなのですが、労働者の待遇が改善されるまで派遣はしないと表明したスリランカ政府のように、今回は毅然とした態度で臨んでいるのかもしれません。12月のホームレス事件のときはインドネシア労働相もそのように伝えたようですし。

もちろん、サウジアラビア人だけが悪いのではありません。インドネシアには彼女たちの渡航を斡旋する派遣会社が500以上もあり、3分の2は悪質な業者だという調査もあります。大枚はたいてサウジに行ってみたものの、誰もオーナーがいなかったなどということは日常茶飯事だそうです。

また、みんながみんなメイドの経験者で掃除洗濯ができて料理も上手くて、とはいきません。サウジアラビア人もメイドを1人雇うには手数料からして15〜16万円払う必要があり、それだけ払うのだから当然それなりの仕事を期待するわけですが、まず言葉もできない、文化観も大いに違う10代の普通の女の子に、いきなりプロっぽい仕事などできるはずもありません。お互いにストレスがたまり、オーナーの「注意」がメイドには「虐待」と映る場面も多いのではないでしょうか。

で、今サウジがどんな状況かというと、インドネシア人メイドのブラックマーケットが活発になっているそうです。よりお金を出す人のもとにメイドが流れるわけです。給料は1000リヤル (2万2千円) から1500リヤル (3万3千円) に、ブローカーの仲介料は200リヤルから500リヤルに上がったそうです (以前はラマダンやハッジにこうした動きがありました)。

しかしそれだけ払ってでもメイドを雇わなければならない理由ってあるのかな?

|

« ご馳走 | トップページ | そんなの関係ねー »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

現実なの?バリ島もインドネシアだよねぇ。ジャカルタ経由で行ったことあるぞぉ。かなり親日的だったなぁ。丁度なにかのお祭りの時期だったか、旭日旗と日の丸が街中で振られていて、何事かとおもったよ。甘いお茶何杯もご馳走になったの思い出す。国連は何の責任も果たしてませんね!

投稿: kobayashi toshiharu | 2011年6月26日 (日) 01時04分

インドネシア人は信仰に厚く、自国を愛する誇り高い人達です。資源や技術に乏しい国でもありません。日本人だって国内外に出稼ぎしてるだろ。帰りのチケット買えなくて帰ってこれない奴らどれ程いると思う?
日本人は子や孫の未来について、自国の事をもっと真剣に考えていかなければならい時期にきている。インドネシア人の出稼ぎがニュースか?

投稿: | 2011年6月26日 (日) 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご馳走 | トップページ | そんなの関係ねー »