« 時代錯誤 | トップページ | 冷麺! »

2011年3月 7日 (月)

いよいよフランスで

4月11日から、フランスでは公共の場でフルフェイスのベールをかぶることが違法となります。サウジアラビアなどから来たイスラム教徒の女性旅行者は、これまでこのような格好でウインドーショッピングやシャンゼリゼ通りの散策を楽しんでいましたが、これからは150ユーロの罰金、さらにベール着用を強制した男性 (夫、父親など) には最高3万ユーロの罰金と禁固1年の処罰が下されます。

バス、電車、銀行、図書館、お店、美術館、劇場、病院、子どもの出迎えなどなど、とにかく外出するときは必ず顔を出さなければなりません。一部の女性にとっては朗報かもしれませんが、おそらくフランスに行くサウジアラビア人が激減することでしょう。「フランスに旅行する」なんて言っただけで、はしたないと思われるかもしれません。

ベールは女性差別の象徴というフランス側の信念もわからないではありませんが (あとはテロ対策)、本当にそこまでする必要があったのかなと、ちょっと思ったりもします。イスラム圏の女性は虐げられているという思いこみ (半分は当たりで半分ははずれ) で突っ走ってしまったんじゃないかなと、今後の両国の外交関係が心配になってしまう今日この頃。

168france

|

« 時代錯誤 | トップページ | 冷麺! »

イスラム文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ある調査で、フランス生まれのイスラム教徒は、まず一番にフランス人であることを自己認識するけれど、英国生まれのイスラム教徒は、まずイスラム教徒であることが一番の自己認識だという結果が出たと読んだことがあります。英国でもブレア首相の発言があったりしましたよね。

でもフランスでは中東系イスラム教徒も(差別もあるでしょうけど)フランス人としていろんな意味で「自由」を謳歌しているのかな、と思いました。だからこの法律もイスラム教徒を含む多くの市民にとってそう影響ないので法律化できたとか?

観光業にとっては、お得意様が減りそうな法律はつらいですね。でも中国人観光客が増えてるから、問題ないのかも?

投稿: 在米 | 2011年3月 8日 (火) 16時26分

異教徒の外国人女性にベールを強制するサウジアラビア、公の場でのベールは違法だというフランス。

どっちもどっち?

ヨーロッパ人とイスラム教徒、いつまでたっても仲良くなりませんねぇ。世界平和は遠いなぁ。

投稿: shukran | 2011年3月 8日 (火) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代錯誤 | トップページ | 冷麺! »