« 白虹 | トップページ | 冷麺! »

2011年3月 7日 (月)

いよいよフランスで

4月11日から、フランスでは公共の場でフルフェイスのベールをかぶることが違法となります。サウジアラビアなどから来たイスラム教徒の女性旅行者は、これまでこのような格好でウインドーショッピングやシャンゼリゼ通りの散策を楽しんでいましたが、これからは150ユーロの罰金、さらにベール着用を強制した男性 (夫、父親など) には最高3万ユーロの罰金と禁固1年の処罰が下されます。

バス、電車、銀行、図書館、お店、美術館、劇場、病院、子どもの出迎えなどなど、とにかく外出するときは必ず顔を出さなければなりません。一部の女性にとっては朗報かもしれませんが、おそらくフランスに行くサウジアラビア人が激減することでしょう。「フランスに旅行する」なんて言っただけで、はしたないと思われるかもしれません。

ベールは女性差別の象徴というフランス側の信念もわからないではありませんが (あとはテロ対策)、本当にそこまでする必要があったのかなと、ちょっと思ったりもします。イスラム圏の女性は虐げられているという思いこみ (半分は当たりで半分ははずれ) で突っ走ってしまったんじゃないかなと、今後の両国の外交関係が心配になってしまう今日この頃。

168france

|

« 白虹 | トップページ | 冷麺! »

イスラム文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白虹 | トップページ | 冷麺! »