« チクングンヤ熱 | トップページ | 時代錯誤 »

2011年3月 6日 (日)

離婚大国サウジアラビア

サウジアラビア統計局の発表によれば、2008年に離婚した (された) 女性のうちもっとも多かったのは30代だったそうです。離婚件数は年々増加しており、すべての婚姻のうち62%が離婚に至るといわれています (数字が大きすぎるのでこれは新聞の誤植かなぁと思ったりもしますが)。

以前の調査で、サウジアラビアは2015年に Spinster (婚期をすぎた独身婦人、オールドミス) が500万人になると推計されています。一方で、男性の独身者も多いですし、旧来の婚姻スタイルがうまく機能していないことが如実に現れているようです。しかしこんなに離婚が多いとは知らなかったなぁ。

'08年離婚女性の総数: 128,090人
30−34才女性の離婚: 25,403人
35−39才女性の離婚: 21,430人

40−44才男性の離婚: 14,589人
35−80才の独身男性: 63,616人
35−39才の独身男性: 31,678人
生涯結婚未経験の男性: 2,000人以上

|

« チクングンヤ熱 | トップページ | 時代錯誤 »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

え、これじゃアメリカより離婚率高いようですね。婚前契約で離婚時の取り決めをするのが普通と読んだことがありますが、それなら条件もはじめから決まっているし円満離婚の方が多いのでしょうか?

投稿: 在米 | 2011年3月 6日 (日) 17時15分

リーダーコメント欄に「結婚前に顔も見れないから」ってありました。「サウジ女性はわがままだから外国人を選ぶ男性が増えている」とも。

両家の親が進歩的な人たちだと、事前に食事会などを開いて、二人に話をさせる機会をつくるそうですが、まだまだ少数派かもしれません。

なかなか実情を把握するのは大変ですが、興味深い話なので、もうちょっと調べてみます。もしまだ「パペチュアル・マイナー」という記事を読んでいなかったら、ぜひご一読を。サウジアラビアのカテゴリーにあります。

投稿: shukran | 2011年3月 6日 (日) 21時18分

「パペチュアル・マイナー」以前に拝読したはずなのですが、また読むと改めてすごい国だなと思います。

離婚率は、よく考えれば単純に数字だけを比較できないですよね。以前サウジに住んでいた人に、中には女性と関係を持つためにまず結婚して飽きたら離婚するサウジの富豪男性がけっこういると聞いたことがあります。婚外交渉は違法だけど結婚していれば問題ないので、富豪にとっては便利らしいです。これが離婚率を押し上げるほど多いかどうかは知りませんが。

投稿: 在米 | 2011年3月 7日 (月) 15時39分

若者が夏休みにインドネシアなどに行き、現地エージェントを通じて土地の女性と結婚、ひと夏を夫婦として過ごし、バカンスとともに婚姻も終了なんて記事がありましたが、そういうのも統計に入っているのかな。

個人的にはイスラムって素晴らしいなと思いますが、イスラム教徒 (の男性) がちょっと…。

投稿: shukran | 2011年3月 7日 (月) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チクングンヤ熱 | トップページ | 時代錯誤 »