« 無題 | トップページ | 静岡地震 »

2011年3月15日 (火)

公衆トイレ

サウジアラビアの西の都、ジェッダ市当局によれば、ジェッダは300万都市でありながら、公衆トイレがわずか5つしかないのだそうです。市中でもよおした人は、ガソリンスタンドやモスクのトイレを借りることが多いそうですが、GSはトイレが不衛生で、モスクは閉まっている時間もあります。そこで今回、コルニーシュ (海岸通り) 沿いに、11の公衆トイレを作る計画が浮上してきたわけです。

しかし日本で公衆トイレに行ったのって、もう何年前だろう。普通はコンビニ、または本屋かデパート、あるいは食事のついでに用を足すって感じだし、何しろ日本は駅があるから全然困りません。たぶんサウジの新聞記事が言っている公衆トイレって、日本の公園にあるような独立した建家のことかと思いますが、よく考えたら今は日本にも公衆トイレってすごく少ないんじゃないでしょうか。なんか怖いし。

震災後に困るものの一番はトイレでしょう。それだけ日本人はトイレにこだわりがあるし、衛生観念が進んでいる (もしかしたら過敏すぎる) のかもしれません。それは果たして強みなのか、それとも弱点なのか。

…うーん、自分でも何を書きたいのかワカリマセン。もう寝よっと。

|

« 無題 | トップページ | 静岡地震 »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無題 | トップページ | 静岡地震 »