« ウム料理 (2) | トップページ | ココナッツ七変化 »

2011年5月19日 (木)

ウム料理 (3)

待つこと90分、ついにウム料理の完成です。フタを開けると大量の水蒸気と香ばしい匂いがあたりに広がりました。

キャッサバの色を見てご主人が 「ちょっと焼きすぎかな」 とぼやいていましたが、そのキャッサバをつまみ食いしてみると、食感はパーフェクトなくらいホコホコでじんわりと甘く、まるで栗のような味わい。「美味しい!」 と思わず口をついてでてしまったことは言うまでもありません。

ま、見た目はタクワンみたいですけどね。タクワン嫌いなので実はけっこうビジュアルはきつかった。(;´д`)

じっくり丸焼きにしたブタとあわせて、この量を大人9人、子ども2人でいただきましたが、もちろん半分も食べきれませんでした。親切なご主人がその日の夕飯にと、たくさんお土産にして持たせてくれましたけど、それでもだいぶ余っていたなぁ。

これだけの料理をしても、食材はほぼ自家製だし、生ごみもほとんどでません。、ごみが出ても家畜のエサか畑の肥やしになるので、環境にもやさしい。見習うところがたくさんあると感じました。

実はトンガ人て塩胡椒とか下味をつけないんですよね (食べる時に各人が塩をふる)。それだけはなーといつも思います。でも、美味しいです、ウム。

234umu1 234umu2 234umu3

|

« ウム料理 (2) | トップページ | ココナッツ七変化 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

蒸すのに90分、、待てるかな と思いましたが
栗のような味なら 待てそうです。

おいしそうですね。
バナナの葉も あんなに大きいなんて、
いぶしがいがあるかな。

庭付きの家に住むなら 絶対に 庭で調理 料理 食事ができる
(早く言えばバーベキューができるような)ように
設備(大げさ)を設置して、
友達とわいわい やりたいなあ と思います。

でも 海外でのこういう伝統料理は そこでしか
体験できませんものね。 うらやましい〜〜


投稿: yasmine | 2011年5月21日 (土) 12時38分

家族総出で半日かけて食事を作る。毎週日曜日のありふれた光景です(ブタの丸焼きは特別な日だけですが)。

こういうのが本来の豊かさ、幸せなのかなぁと、そんなことを考えさせられた1日でした。

投稿: shukran | 2011年5月23日 (月) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウム料理 (2) | トップページ | ココナッツ七変化 »