« Som Berthiot Lytar 25mm f/1.9 | トップページ | Wollensak Raptar 17mm f/2.7 »

2011年6月16日 (木)

Kern-Paillard Switar 25mm AR C f/1.5

マウント交換遊びにおけるシネレンズの定番とも言える Kern-Paillard Switar。同じ25mmでもいろいろバリエーションがありますが、今回は25mm AR C f/1.5 の写真を。

ご覧のとおりイメージサークルは十分広く、開放絞りで距離をとった場合の写真周辺部は、グルグルボケではなく四隅に放射状に画が流れていくというもの。しかしそれほど極端ではないのが好感触。

最短撮影距離は37cm。うーん、イマイチ。でもネジ込みマウントをぎりぎりまで緩めると、最短距離は一気に14cmに (貝の写真参照)。例えば料理の写真を撮るならこの方法ですね。

「さすが定番レンズ!」と言えるほどの確信は実はまだ全然ないのですが、確かに使いやすいレンズだと思いました。中心部のシャープさと周辺部の荒々しさが絶妙なバランスを保ち、現代レンズではあり得ない不思議な味の写真を生み出してくれます。

オールドレンズ (シネレンズ) 遊びの醍醐味は、レンズそれぞれの特性に合わせた撮影シチュエーションをじっくり考えることでしょうか。

250switar25mm1 250switar25mm2 250switar25mm3 250switar25mm4 250switar25mm5 250switar25mm6 250switar25mm7 250switar25mm8 250switar25mm9

|

« Som Berthiot Lytar 25mm f/1.9 | トップページ | Wollensak Raptar 17mm f/2.7 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Som Berthiot Lytar 25mm f/1.9 | トップページ | Wollensak Raptar 17mm f/2.7 »