« サウジアラビアにも春到来? | トップページ | "MOTTAINAI" マータイさん死去 »

2011年9月26日 (月)

FGM

イスラムだけでなく東方正教会やユダヤ、あるいはアフリカなどの伝統的宗教もそうだと思いますが、それらの教義に定められている (推奨されている) 「女子割礼」 も、昨今ではかなり問題視されています。

不衛生な環境下で行われることが多く、当事者に大きな精神的苦痛と実際の健康被害をもたらすことから、世界中の人権団体から集中砲火をあびています。

このレポート (→クルド自治区のFGM) もそんなもののひとつ。普段おもてには現れにくい話題を、ヒューマン・ライツ・ウオッチが調査しています。

信教の自由と人権、、、うーん、難しい問題ですね。信仰的な態度を 「無知」 の一言で片付けるわけにはいかないし、そもそも人智が及ばないのが宗教だし。

やはり 「女性の人権」 という視点で考えたほうがいいのかな。男性も割礼はするけれど女性ほど被害は出ていないと思うし。

じゃあ、医療体制完備なら女子割礼もOKかと言われたら困るけど。

|

« サウジアラビアにも春到来? | トップページ | "MOTTAINAI" マータイさん死去 »

イスラム文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

うーん、アメリカにいるときに雑誌記事で読んで
自分なりに少し調べてみましたが、必要性を全く
感じませんでした、個人的に。

投稿: おおつ | 2011年9月27日 (火) 07時35分

全く同感、個人的に。

投稿: shukran | 2011年9月27日 (火) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サウジアラビアにも春到来? | トップページ | "MOTTAINAI" マータイさん死去 »