« 鶴の一声 | トップページ | 世界の"KIKKOMAN" »

2011年9月30日 (金)

ちぐはぐ

グリーンアイランドという中華料理屋には、麻婆豆腐の食べくらべで訪れたあと、もう一度行く機会がありました。

一緒に行った人が、「水煮牛肉が一度目は美味しかったんだけど、二度目は完全に違うもの (肉野菜炒め) が出てきた」 と言っていたので、再挑戦ということでメニューを写真と一緒にしっかり指差してオーダー。ついでに麻婆豆腐も。

しばしの後、まず出てきたのは麻婆豆腐。うーん、、、違う、違いすぎる。前回は昼、今回は夜だったので、写真の色味の違いはあるにせよ、同じコックが作ったとは思えない一品。別にまずくはないんだけど、なんだか釈然としません。

で、次に肉野菜炒めが出てきました。「まさか?」 とみんなで目を合わせてしまいましたが、確認するとやはりこれが水煮牛肉だと言います (メニュー名は英語、トンガ人のウェイター) 。

参考までに本物の水煮牛肉の写真 (下側の、これはエメラルドの) とくらべてみてください。いや、実際、ちゃんとした水煮牛肉が出てきたこともあったわけですから、次こそ、なんとかうまく注文したいなと。

そんなこんなで美味しくいただきつつ食事も半ば過ぎになったというのに、いつまでたってもお茶が出て来ません。ウェイターに小さなジェスチャーを交え 「チャイニーズティー」 と伝えると、「Oh!」 といういかにもなリアクション。忘れられてた…。

5分ほどしてウェイターが 「Sorry!」 と言いながらあわてて持ってきたのは、頼んだ自分も忘れかけていた青梗菜の炒め物 (Chinese Cabbageというメニュー名)。いや、まぁ、それはそうなんだけどさ…。思わず笑ってしまって、結局お茶は言いそびれてしまいました。

日本→トンガ→中国。。。今回の伝達ゲームは惨敗。

340chinese1 340chinese2

|

« 鶴の一声 | トップページ | 世界の"KIKKOMAN" »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴の一声 | トップページ | 世界の"KIKKOMAN" »