« オイルマネー | トップページ | サンダルの木 »

2012年7月16日 (月)

コンビーフ vs. コンマトン

トンガ人も大好きなコンビーフ。スーパーマーケットの棚には6ポンド缶までずらりと並んでいます。もちろんすべて輸入品。ほとんどはニュージーランド製品です。

最近、コンビーフならぬコンマトンがあると聞きつけて、町のあちこちを探してみたところ、ようやく実物を見つけたのでさっそく購入し食べ比べてみました。

まず、コンビーフは日本の安い缶詰とは大違いで、ゴロッとした肉がパンパンに詰め込まれていました。細い繊維状の肉はあくまで隙間を埋める役目。主役は肉の塊です。

これは美味しい。数あるブランドの中から、トンガ人が一番好きなものをお店の人にきいて買ったのもよかったです。ちょっと脂っこくてしょっぱいですが、そのままパクパク食べられます。

ほとんどクセもなく、旨みが口の中にジュワーッと広がります。ジャガイモとの炒めものやロールキャベツ、野菜スープなどなど、いろんな料理に使えそう。ヤム芋とまぜてお好み焼きもいいかも。食材としてはとても優等生ですね。

で、いよいよコンマトン。缶切りをプスッと刺してみる。たちまち 「フワッ」 と香る獣のにおい。うーむ、これはなかなかの難敵か…。キコキコと缶切りを一周させ、フタをパカッと開けると、あーもう、ムムムーなにおいです。

見た目からしてかなり脂多め。コンビーフと違ってあまり肉の塊感はなし。ほとんどはほぐされた細い肉。パクリとひと口。うーん、、、ヒツジくさい。。。これ日本人には無理。

しかしこちらも長い長い中東生活の中で、ヒツジこそ最上のお肉と信じているわけで、「でもボクは好きですけどね」 なんてことをサラッと言いたいんです。言いたいんですが、しかし、うぅぅ。。。

結論としては、コンマトンはたぶんこの先も日本どころかトンガでもブームになることはないだろうな、という感じです。ま、好き好きなんでしょうけどね。

写真の一番下はニュージーランドで買ったヒツジのタン (舌) の缶詰。試食は次回。

569cornedbeef

|

« オイルマネー | トップページ | サンダルの木 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オイルマネー | トップページ | サンダルの木 »