« トンガでダイブクルーズ | トップページ | 平和について »

2012年8月14日 (火)

不思議なことが

先週のある日のこと、朝出勤して事務所のドアに鍵をさしたところ、途中でひっかかってしまいました。全体の8割くらいは入っていましたが、それでは鍵は回りません。

「またか」 と思いカチャカチャと鍵を小刻みにゆすりながら奥までさしこもうとしたのですが、突然、鍵がやわらかくなる感覚があったかと思うと、一気にグニャッと右に90度折れ曲がってしまったのです。

あせりました。あわてて鍵をまっすぐにしようと、少し力を入れてみました。「あれ?」 全然元にもどりません。さっき曲がった時の力の入れ方の感覚ではまったく足りないのです。

今度は鍵の根本に親指をあて、テコの原理でグイッと力を入れました。そうするとようやく少し鍵がのびました。さらに力を入れてグイグイッと。なんとかまっすぐに近くなりました。

穴から抜いた鍵をまじまじ見つめる自分。なんであんなにクニャッと曲がってしまったのか。あの時の気持ち良いほどスッと曲がった感覚。あれは一体なんだったのか・・・。

不思議なこともあるもんですね。

|

« トンガでダイブクルーズ | トップページ | 平和について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンガでダイブクルーズ | トップページ | 平和について »