« トンガの魅力って? | トップページ | 朝の空気 »

2012年12月 2日 (日)

オールドレンズ散歩

よく晴れた土曜日、パナソニックGX1にオールドレンズ (Kern Switar 25mm f/1.5 AR) をつけて家の周りを散策しました。写真からわかる通り、家の周りが即、山歩きのようになってしまうのは、不便なような、自慢のような。。。

"Kern Switar 25mm f/1.5 AR C" の写真は以前アップしましたが、今回は"AR"。"AR C"よりはイメージサークルが小さく、少し画面がケラれます。また、マウントネジのところが少しのびているので、GF1、GX1はともに大丈夫ですが、中には奥までねじ込めないフォーサーズ機もあるとのこと。

他にもSwitar 25mmには"RX"があって、そちらは画面周辺部の荒れ方が通好みで人気も高いそうですが、個人的にはARの穏やかな描写が好きです。それでも現代レンズに比べたらとんでもない荒れ方をしますが、それは味のうち。もちろん画面中央部はクッキリです。

GX1の普段の定番レンズはパナソニック20mm f/1.7。もうほぼこれをつけっぱなし。こんなに良いレンズはありません。この描写力に惚れ込んでいます。けれど、オールドレンズの一癖も二癖もある写真が、ときどき無性に魅力的に感じます。

中でも、Switar 25mmは特別です。光をうまくとらえると、煌めくような美しい世界を写しだしてくれます。フォーカスが合うのは中心部の狭い範囲であったり、イメージサークルが欠けてしまったりと、使い勝手が良いわけではありませんが、良く晴れた日にのんびりと散歩しながら、マイペースで写真を撮るには最高のレンズです。

644switar1 644switar2 644switar3 644switar4 644switar5 644switar6 644switar7 644switar8 644switar9

|

« トンガの魅力って? | トップページ | 朝の空気 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

愛犬との散歩、なんて素敵なんでしょう!!

それにしても、写真いいですね。

うちの母がカメラ好きでしょっちゅう写真をとっています。

ヨルダンのことを伝える旅。
先月は上越教育大という新潟にある大学へ。
今月は岡山でヨルダン企画展だ!!!

ヨルダンのことを思い出しつつ、
ヨルダン最終日のことをUPしましたので、
ぜひ。

投稿: | 2012年12月 5日 (水) 14時24分

和さん、お疲れ様でした。みんな一回りも二回りも大きくなって帰ってきますよね。今後はぜひヨルダンの明るいニュースを地域のみなさんに届けてください。最近あちらは物騒なニュースばかりですからねぇ。

投稿: shukran | 2012年12月10日 (月) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンガの魅力って? | トップページ | 朝の空気 »