« 無題 | トップページ | 社会と個人 »

2013年1月28日 (月)

幸福を求めて

本日、派遣前健康診断の結果が届きました。おかげ様で無事に派遣可との連絡。これで来月下旬からフィジーです。続けて二度目の大洋州。そして初めて本格的なリゾート国。ちょっとワクワク。

自分の専門性からいえば、本当は中東にもどるべきなのかなってチラッと考えましたが、トンガで独特のゆるい空気と人の温かさに触れ、「これが普通の世界なんだろうなぁ」としみじみ感じたことから、「やっぱりもう中東は無理!」と思ってしまった自分。

中東を覆う社会の閉塞感と異教徒 (特にアジア人) に対する排他的な雰囲気は、地域の良いところを普通の人より何倍も知っている自分にとっても、そろそろ許容しがたくなっているのかな。住んだらストレスがたまるのはわかっていますから。

人の幸福ってなんなんでしょうね。もちろん幸福の形は人それぞれでしょうが、地域の伝統文化や教育によってずいぶん恣意的に形作られているようにも思います。子どもたちの将来にたくさんの (できれば無限の) 選択肢がある社会、これこそが理想なんじゃないかと思う一方、その典型である自由の国アメリカでは、同時に多くのルーザーも生んでいる現実。。。あぁ難しい。。。

|

« 無題 | トップページ | 社会と個人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

フィジーへの出発まで
お忙しいと思います。

こちらは、アフリカの教育方面を考えつつ、
日本にもまだまだ課題がたくさんあるなぁとおもって、
当分、日本で修行?

そんな、グローバルでローカルな毎日です。

祖父母宅で、お祝い会の様子を、アラビア語で紹介しました。よかったらぜひ。

投稿: | 2013年2月19日 (火) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無題 | トップページ | 社会と個人 »