« 日本ならでは | トップページ | 色即是空 »

2013年1月16日 (水)

世界

今日という日は、誰にとっても同じものではないのかもしれない。あるいは同じ者にとっても、昨日と今日は異なるのかも。

新しい一日、爽やかな光。期待に胸は高鳴り、創造的なインスピレーションがあふれ出す。世界は我が手の中にあり、できないことなど何ひとつない。

こんな日があるかと思えば、朝、大事なものを無くしたことに気づいた途端、光は勢いを失い、心は動転し、自責と後悔の無限ループにおちいる。世界のすべてが冷笑を浴びせかけ、何かにすがろうと手をのばしても、ただ空をきるばかりである。

目をつぶり、耳をふさぐ。五感を遮断すれば、世界はなくなる。つまり世界は、それほど絶対的な存在ではないのかもしれない。自分の感知する世界が、自分にとっての世界である。なんと主観的であやふやなものなのだろう。

であるならば、日々ポジティブでいられる者にとって、世界はどこまでも優しく、己の味方である。自分の信じた道が自ずと開けるのは、当然かつ必然。だって世界の創造主は自分なのだから。

けれども世界はつながっている。しかも超がつくほど複雑に。この世のすべては、何らかの関わりをもち成り立っている。だから、自信と傲慢の違いには敏感でなくてはならない。

何事も考え方ひとつで良くも悪くもなる。それは結果ばかりでなく、将来起こるべきことですら。考える楽天家であれ。謙虚な自信家であれ。

と、自分に言い聞かせている冬の夜。

|

« 日本ならでは | トップページ | 色即是空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

共感しました(´〜`)

投稿: Misato | 2013年1月24日 (木) 21時29分

時にはポジティブすぎると怒られたりしますが。
>_<

投稿: shukran | 2013年1月27日 (日) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本ならでは | トップページ | 色即是空 »