« 新たな国へ | トップページ | 日本ならでは »

2013年1月14日 (月)

人生設計とかなんとか

これまでにも何度か地元の小学校と中学校に、海外での生活ぶりを話しに行ったことがあります。自分の場合、子どもの頃から海外に行きたくて、ふり返ってみれば思い通りの人生です。するとこちらの気持ちが子どもたちに伝わるのでしょう、最後に必ずでる質問が、「どうしたら夢をかなえることができますか?」です。

正直に言うと、こんな生活をきちんと思い描いていたわけではないし、まさかここまで続くとは思っていませんでした。自分でもなんでこんな人生をおくれているのか不思議です。なので、どうしたら、と聞かれても、アドバイスしようがありません。

いつも言っているのは、「漠然とした夢でいい、けれど確信をもって」ということです。あまり詳細な人生設計をたててしまうと、少しでもずれた時に心が折れるかもしれません。また、根拠はないながらもゆるぎない自信は必要です。信じていれば必ずかなう、ということを、その昔インドの偉い人が言ってたような気がします。(←テキトー)

そして、ここが重要ですが、「結果オーライ」を素直に受け入れること。起こってしまったことは全部起こるべくして起こったんだということを、きちんと受け止められるかどうかで、人生は楽しくも辛くもなります。なんだか他力本願みたいですが、自分ではどうしようもないことなんか、いくらでも起こりますからね。必然的に、いつもみんなに感謝する気持ちになります。自分の力でできることなんか限られていますから。

こんな話しをしても、たいがい子どもたちはどこかポカンとしています。きっと失敗から学ぶ成功術みたいなことを言えればわかりやすいのでしょうが、そもそも、自分は失敗したと思わないんです。なにしろすべて結果オーライですから。バカみたいにポジティブというか、負けを認めないというか。

つまり、一生負けを認めなければ、それは大成功の人生だったということです。自分は? うーん、いや、負けず嫌いでなく、やっぱり上々の人生ですよ! これまでも、そしてこれからも。^_^

|

« 新たな国へ | トップページ | 日本ならでは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
タイムリーな話題ですね~!!
こちらは、今、徳島県鳴門市へ来ているんですよ。
明日、鳴門教育大で授業です。

毎回授業内容は、土地や大学にあったように
変えているだけど、徳島県鳴門市も
なかなかいいところですよ!!

2013年、人生設計ではなく、
ぜったいになんとしてもやってみたいこと
「福島と世界・日本をつなぐイベント」を
10年かかりで立ち上げます。

もし良かったら、4月以降の任地で
写真撮影の協力をしてもらえないでしょうか?
URLが、はじめたばかりの
「赤ベコ日記 福島⇔世界・日本縦断の旅」です

とつぜんのお願い失礼しました。
ではでは


投稿: 赤ベコ@和 | 2013年1月15日 (火) 01時15分

和さん、相変わらず精力的に動いてますね!
ちょっと早まって、2月下旬にはもう出発の予定です。
次の任地は、フィジー!
何か協力できることがあれば、なんなりと。^_^

投稿: shukran | 2013年1月15日 (火) 05時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たな国へ | トップページ | 日本ならでは »