« 社会と個人 | トップページ | 得した気分♪ »

2013年2月 2日 (土)

ピロリ

数年前から会社の健康診断にピロリ菌チェックが加わりました。想定の範囲内でしたが、やはり初回からバッチリ陽性という結果が。どうしようかなー、除菌治療しても確率100%じゃないしなー、副作用もあるだろうしなー、などと考えずっと放っておいたのですが、そろそろなんとかしなきゃと思い立ち、今回、数度目の健康診断の結果をうけて、ようやく医者に行くことにしました。

医者に診断書を見せて、陽性なんです除菌薬ください、で終わるかと思っていたら、医者から予想外の丁寧な説明を受け、ちょっと感動すらおぼえました。曰く、ピロリ菌が胃癌の原因と証明はされていないが胃癌患者はもれなく保菌者である、ピロリ菌で胃癌のリスクは5倍になるというがそれは数字のマジックでもある、ピロリ菌は必ずしも悪さをしているばかりではなく胃酸の分泌を抑えている面もあるから菌がなくなると胸焼け (逆流性食道炎) になりやすくなるかもしれない、などなど。

特に、テレビや書籍で宣伝され一人歩きしてしまっているリスク5倍という数字については、注意が必要です。ピロリ菌をもっていない人が100人中1人胃癌になるとしたら、ピロリ菌保有者は100人中5人、だからリスク5倍なんだそうです。見方を変えれば、ピロリ菌があっても、100人中95人は胃癌にならないということ。除菌した結果、逆流性食道炎が増えてしまうかもしれないし、ピロリ菌が100%悪者だとも、除菌が100%正しいとも、はっきりと言えるわけではない、とのことでした。

こういうことを理解した上で除菌薬を飲んでくださいと言われ、表面的にはハイっと軽く答えましたが、心の中ではビシッと敬礼していましたよ。こういう良い医者にあたると感動しますね。世の中、あらゆる物事には両面性・多面性があるんだということを、あらためて認識しました。善悪なんて当事者の都合によっていくらでも変わるんですよね。深いなぁ。。。

|

« 社会と個人 | トップページ | 得した気分♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会と個人 | トップページ | 得した気分♪ »