« ことば | トップページ | クチコミサイトってどうなの? »

2013年5月 9日 (木)

ヌードル考 Part-2

昔からよく言えば短期集中型で、まあ悪く言えば飽きっぽいってことですが、何かこれをやろうと決めたらけっこう突っ走ってしまうところがあります。サウジアラビアでは離任3ヶ月前になって急にレストランガイドを作ろうと思いたち、昼夜問わずあちらの店こちらの店と通った結果、あっという間に太ってしまいました。

ということで、ここフィジーでは現在、ヌードルに全身全霊を傾けています (←大げさ)。その結果、前回からかなり短めのインターバルで、また少し紹介するお店ができました。以下、写真1枚目から順番に説明します。

1. 韓国麺 (ちゃんぽん)@Korea House
ちゃんとした韓国料理のお店。やや細めの平たい乾麺は柔らかめに茹でられ、喉ごし良好。見た目より辛くないスープはちょっとコクが足りないです。具はまあまあ。でもこの値段 (800円) なら、ブルーバードのいつものお店でちゃんぽん食べるかな。あちらはもっと味がありました。たぶん調味料だけど。でもそういう味に慣れてしまった自分には、ここのはかなり物足りないのでした。実は美味しいと評判のジャージャー麺目当てに行きましたが、この日は作れないとのことでした。残念。

2. トマトパスタ@Bad Dog
ウワサのパスタを食べました。こんなに都会のスバですが、どこもパスタがイマイチなんだとか。ふむふむどれどれ、ひと口パクリ。うん、確かにイマイチ。コクがないし塩が効いてないしパスタ茹ですぎだし、よく見たらひび割れて欠けたパスタを使ってるし。変な形していると思った。チーズもイマイチだし、絵に描いたようなイマイチでした。ある意味してやったり (笑)。でもこれで900円だと?

3. カルボナーラ@Bad Dog
カルボナーラって意外とイタリアで食べても「あれ?」って思うことがありますが、たぶんオリジナルのカルボナーラというものがあって、それは生クリームを使わないとかそんな感じだったと思いますが、まあとにかく地域によってけっこう違うよなっていうのが自分の印象。だからどんなのが出てきてもOKと思っていたのですが、見た目すっごくフツーのが出てきました。そして味は、やはりイマイチ。味がない、塩が効いていない。なんですかねえ。。。900円。

4. ミックスヌードルスープ@ミン・フェン
いや、悪くないですよ。具は立派のひと言。鶏肉団子も手がこんでる (正直味は微妙だけど)。スープはかなりあっさりですが、すでにこういう感じが中華圏ではスタンダードなんでしょうし、麺もつるつるで悪くない。でも、たぶんもう行かないな。400円だし。

5. 雲呑麺@MHCC
MHCCの3階のフードコート。あっさりだけどコクのある透明なスープ。麺はつるつるの喉ごし。刻みネギが王道の雰囲気をかもしだしています。肝心のワンタンはというと、、、うーん、評価が分かれるかなー。ちょっと味が抜けていました。豚肉だとは思いますが、鶏肉のようにあっさり。あれ?鶏だった?。まあ無難といえば無難なんですけどね。400円。

6. ミックスヌードルスープ@海の近くのフードコート
まずひと目見てわかる通り、とにかく見た目が小汚い。残飯?て感じ。ただ、この濁ったスープが、今まで食べた中では一番日本のインスタントラーメンのスープに近かったです。化学調味料たっぷりなんでしょうね。正直、ラーメンならそれもありかなと思いますが。麺は中国っぽい細縮れ麺。アルデンテに茹でられているのに、もともとつるつる感のない麺なので、とってもすすりにくかったです。多めの野菜、牛肉、鶏肉、叉焼、雲呑と具は豪華ラインナップ。けっこうな量で二人前くらいありました。この量で400円は安い。

実はこの時、ちょっと牛肉が怪しかったです。口の中でその味に違和感が。古いお肉だったかも。結局半分くらい残してしまいましたが、夜中にけっこうな腹痛が (泣)。

7. 湯葉麺@上海
メニューでは「薄切り豆腐のパクチー和え」。どんなものがくるかと楽しみにしていたら、想像以上のナイスメニューが。上品でコクのある塩ダレと、香り高いごま油。そして適度な量のパクチーで和えられた湯葉の麺は、ひと言で言って、美しい!。日本でも香港でもこんなの食べたことありませんでした。久しぶりに美味しいものを食べたって感じ。満足です。いくらだっけかな?

8. ジャージャー麺ポーク@上海
美味しいとは聞いていたのですが、本当に美味しかった!。麺のもちもち感、ポークのコク、醤油ベースの香ばしいソース。全てが100点。ジャージャー麺といえば黒味噌ってイメージですが、これはストレートな生醤油って風味が嬉しかったです。へんに甘くもなくて、本当に、目のさめるようなキレのある焦がし醤油味。ポークといってもソースには小エビなんかが入っていて、そのあたりの旨味も十分効いていました。Sサイズ、1250円。麺のボリュームは二人前あります。でも、美味しすぎて全部平らげてしまいました。^_^

9. ジャージャー麺シーフード@上海
ポークが美味しかったのでシーフードも、くらいの軽いノリでしたが、なななんと!、ソースがまたポークの時とは違って、さらに美味しさ爆発でした。たぶん海鮮醤みたいなのを使っていて、シーフード特有の美味しさと少し甘目のソースに、謎の香ばしい風味も加わり、本当にまあ美味しくて美味しくて、ほっぺた落ちるとはこのこと。まるで箸が止まりませんでした。食べ物で感動するってなかなかありませんが、ソースといいもちもち麺といい、これはそう言うに値する逸品でした。この味が常時出せたら最強。値段はポークと同じ。

10. ビビン麺@ブルーバード
写真では野菜しか見えませんが、この下に茶色いソバみたいな麺が埋まっています。ここに韓国特有の甘辛いソースをかけ、ぐちゃぐちゃとかき混ぜて食べます。普通に美味しかったです。でもまたワイシャツにソースが跳ねた。。。450円。

11. うどん@ブルーバード
見たまんま、うどんです。あっさり和風だしが胃袋に優しい。食べ過ぎてつかれた時にぜひ。でも同じ店の、パンチ力抜群の辛い韓国麺と同じ値段てのはちょっとどうかなと。

12. 雲呑麺@ヌードルキング
前回で懲りたはずでしたが、ちょっと気になることがあってまたヌードルキングに行ってしまいました。前回も、麺は意外と悪くないと思っていました。貴重な手打ち麺だし、茹で方がばっちりなら麺自体は美味しい方じゃないかなと。だって、ヌードルキングって言うくらいです。スープキングじゃありません。この店の命は麺なんです!

で、迷いに迷って雲呑麺を注文。出てきたスープは、牛肉麺とは違って薄茶色。あれ?ちょっと美味しい?。ハードルが地面スレスレくらいに下がっていたのはあったとしても、ちゃんとダシが効いてるし、香辛料も適度に中華っぽくて、さらに麺の茹で方が上手だったのでけっこうプリプリ感もあって、あれれれ?、悪くなーい!

ただ、雲呑が牛肉。これは好みが分かれるところ。自分は、嫌いではないけれどやっぱり豚が好き。それから毎度おなじみのパクチーどっさり。今回も涙目。でも300円でこの味なら、十分納得です。あとは、安定してこのスープをキープできるか。

以上をもってヌードル編は終了。次はカレー屋へGo!!

026men1 026men2 026men3 026men4 026men5 026men6 026men7 026men8 026men9 026men10 026men11 026men12

|

« ことば | トップページ | クチコミサイトってどうなの? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ことば | トップページ | クチコミサイトってどうなの? »