« ヌードル考 Part-2 | トップページ | オムライス »

2013年5月11日 (土)

クチコミサイトってどうなの?

日本でも最近ではお店選びに食べログなどのクチコミサイトは欠かせません。けれど、料理の味の感想ほど主観的なものはありません。もちろん美味しいという評判が数十人にもなれば、それはかなり信ぴょう性が高いと言えるでしょうが、基本的にはあくまでそれぞれの個人的感想です。

ここフィジーには、インド料理屋、というかカレー屋が星の数ほどあります。だからどこを選ぶかは重要な問題。できれば美味しいお店に行きたい、わがままを言えば安くて美味しいお店に行きたい! そう考えて、とりあえずトリップアドバイザーのクチコミを見てみました。

そしてフィジーのレストランという大きなくくりの中で、栄えある第一位に輝いていたのがカレー屋のアシヤナ (Ashiyana) でした。これはもう行くしかありません。土曜日は昼休みをはさんで夕方6時オープン。クチコミには、混むから6時半までに行ったほうがいい、インド以外では世界中でここがベストなどと嬉しいことが書いてありました。期待が高まります。

お店に入ったのは6時10分。客はまだいません。しめしめ。メニューをもらってゆっくりと吟味。あれもこれもと目移りしましたが、お肉のカレーはムルグ (チキン) がメイン。残念ながら大好きなキーマカレーはありません。迷った末に、お店の名前を冠したカレー「ムルグ・アシヤナ」、ナン、サモサをチョイス。ワクワク。

土曜の夜はまだ始まったばかり。6時半になっても客は来ません。みんな宵っ張りだからね、などとルンルン気分でカレーを待っていると、あっという間に時間は6時50分。あれ? 客いないのに遅すぎじゃない?

ここでようやくサモサ登場。ひと言で言いましょう。ダメだこりゃ!。皮は厚ぼったくてもっさり粉っぽく、中身はなんとミックスベジタブル。ありえない。ぜったい普通のジャガイモを使ったほうが安くて美味しいと思う。ただし、一緒に出てきたタマリンドソース (たぶん) はかなり美味しかった。これは別途購入したいレベル。

さて、ようやくカレーが来ました。がしかし、ひと目見てちょっとがっかり。実は自分、黄色または茶色のカレーの方が好きで、赤いカレーはあんまり得意じゃない。赤いやつはトマト感が強くてかなり甘いと相場が決まっていて、カレーのスパイス感を求めてカレー屋に来ているのに、あまりにもマイルドすぎるんです。メニューの説明をよく読まなかった自分が悪いんですけどね。

で、案の定、この赤いカレーもそんな味。ケチャップか!と思うほどのトマト感&甘さ。鶏肉は火を通しすぎてパサパサ。不味いわけじゃないけど、個人的に好きじゃない味なことは確か。せっかくお店の名前のカレーにしたのに、ぜんぜんピンとこなかった。。。しかもナンが異常に少ない (実はおかわりできるのかな?)。トリップアドバイザーには量が多いって書いてあったのに。。。

クチコミサイトが自分には当てはまらないという典型でした。もちろん、他のメニューはすっごく美味しいってこともあるかもしれません。でも、これが連日満席で予約もとれない日本食屋「大黒」を押しのけての第一位ですからね。そこまで称賛するのは、やっぱりちょっと違うと思いました。値段も高くはないけど別に安くもないし。カレー、ナン、サモサ、コーラで計1100円。

気になったのは、食べている間に来た客は4組だけで、そのうち3組が白人だったこと。インド人が集まる店じゃなきゃ、美味しいとは言えません。トリップアドバイザーの投稿もほとんど白人なんでしょう (英語サイトだし)。この店にくらべたら、Maya Dhaba (トリップアドバイザーでフィジーレストラン第11位) の方が好みかなぁ。

027curry1 027curry2

|

« ヌードル考 Part-2 | トップページ | オムライス »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヌードル考 Part-2 | トップページ | オムライス »