« ちっぽけなこと | トップページ | 悩めるシロクマ »

2013年6月 5日 (水)

韓国は美味しい

フィジーから一時帰国の途中、約20時間ソウルでトランジット。夜2食、次の朝2食という充実 (強行軍?) の韓国グルメ満喫旅でした。(1万ウォン=900円)

(1) サムゲタン@百済参鶏湯 (1万3000W)
孵化してから49日たった韓国産若鶏にもち米、ナツメ、高麗人蔘をつめじっくり煮込んだ、優しい味なのに元気がでるような、食べれば食べるほどお腹が空いてくるような、滋味にあふれた逸品。付け合せの白菜キムチは真っ赤な見た目にくらべ甘くてマイルド。カクテキも実は生まれて初めて食べました。大根食わず嫌いの自分ですが、果物?と思うほど甘みがあって美味しかったです。20ccくらいの黄色い飲み物は甘苦くてピリピリしてて、最後に一気飲みしちゃったけどアルコールっぽかったかも (超下戸)。

(2) 海鮮スンドゥブチゲ@チョンウォンスンドゥブ (8000W)
おぼろ豆腐はトロッと甘くて口当たりマイルド。石釜で炊いた豆ご飯、ちょっとしたピビンパプが作れるセットにキムチ4種と、このお値段にして大満足のボリューム。辛さは激辛、大辛、辛 (レギュラー)、マイルドの4段階。レギュラーにしたけれどそれでも涙がうっすらにじむほどのパンチ力でした。豆腐の甘みと口当たりの滑らかさは特筆モノ。これぞ創業40年を超える老舗の味。

(3) コムタン@河東館 (1万W)
牛の肉や内蔵を煮込んだスープ、コムタンの名店。朝7時から開いています。実際、朝からサラサラッといけてしまうほどのあっさり味で、食べ終わるとすぐにもう1杯食べたくなるけれど、実はとってもコクがある。口の中でホロホロとくずれるほど柔らかなお肉の美味しさはもちろんのこと、内蔵は臭みもなくこれまたなかなかの珍味。このスープの味の深みは一朝一夕で出せるようなものではありませんね、きっと。卓上のネギ入れ放題。白菜キムチはやっぱり甘みが強くて美味しかったです。

(4) カルグクス@南海食堂(5000W)
南大門の一角。この細い通路に麺料理を出すお店が両側にズラリ。お店のおばちゃんたちの呼び込み文句は「みんな同じ!」。まあ確かに (笑)。韓国風のうどん、カルグクスは食べ過ぎて疲れた胃に優しく染み渡りました (というか食べ過ぎなら食べなけりゃいいんですけど・・・)。付け合せのキムチに加えおまけはなんとピビンネンミョン小盛り。これがまた甘辛くて美味しかった。あー、大満足。^_^

40korea1 40korea2 40korea3 40korea4 40korea5 40korea6 40korea7 40korea8

|

« ちっぽけなこと | トップページ | 悩めるシロクマ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちっぽけなこと | トップページ | 悩めるシロクマ »