« フィジーならでは | トップページ | フィジーで映画館 »

2013年7月11日 (木)

時間

あまりにもヒマで時間をもてあますので、時間について考えてみました。

子供の頃、お祭りの屋台で買ってもらった砂時計。しばらくお気に入りで、布団の中で眺めたり、時にはお風呂にも持って入りました。砂がたまっていくのをじっと見ているのが楽しかったんです。

実家がなにしろど田舎なので、夏休みは毎日近所の川で泳いでいました。水に浸かり川上に向かって、この流れを止めてやる! などとふんばったものです。まあ大抵の男は流れに逆らいたいのです。

学生時代、「どう生きるか」と言う友達に対して「どう生きたかじゃないの?」なんてうっかり言ったらずいぶん馬鹿にされた記憶があります。お前うしろ向きだな、なんてさんざん言われました。

たぶん昔からなんとなく感じていた、時間というものに対する感覚。うまく説明できないし、別にする必要もないのですが、ヒマなのでがんばって書いてみます。

つまり、時間は過去から未来に流れているのか、それとも未来から過去に流れているのかという問題。いや、まあどっちでもいいとは思いますけどね、実際は。

自分は、時間は未来から流れてくるという感覚があります。砂時計のように「おー、過去がたまってる ^_^」って思うし、川の流れのように押しとどめようもなく抗えないものだとも思います。

人生の中で、今の自分が常に最先端の自分。と思ったのも束の間、さっきの自分はすでに過去の自分になりました。こうやって、どんどん後ろに時間が流れていく感覚。

宇宙がビッグバンから始まり未来に向かって膨張を続けているのだとしたら、なんとなくやっぱり時間は過去から未来に向かって流れているような気もしますが、だったら本当に未来なんて存在するの?

過去が存在したことは確固たる記憶が証明してくれますが (実はそれすら危ういことですが)、いったい未来なんて本当にあるの? 科学で証明できるの? もしかしたら、未来を説くために宗教は存在するの?

とまあかなりややこしいので、だったら最初から未来というものが厳然と存在することにしておいて、反論されたら「だってどんどん時間が流れてくるでしょ?」っていうひと言で説明すればいいんじゃないでしょうか。

まあ、本当にどうでもいいことなんですけどね。あー、ヒマだ。。。( ;´Д`)

|

« フィジーならでは | トップページ | フィジーで映画館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィジーならでは | トップページ | フィジーで映画館 »