« トト・ザ・ヒーロー | トップページ | フィジー博物館 »

2013年7月20日 (土)

パシフィックリム

スバの映画館でハリウッド版怪獣映画を観てきました。怪獣=Kaiju なんですね。^_^

まあ人間、怪獣ともにひじょうに薄っぺらい心理描写ですが、というか怪獣に心理描写が必要って感覚は怪獣王国ニッポンだけかもしれませんが、いずれにしろお金がかかったSFXと、そしてなんといっても芦田愛菜さんの卓越した演技は十分見応えありです。

あ、主役の一人は菊池凛子です。ところどころ飛び出す日本語のセリフはなんなの?(笑) しかし菊池凛子ってなんでアメリカで人気あるのかな? 演技はまんま日本風だったけど。それがいいのかな。うん。

65pacificrim

|

« トト・ザ・ヒーロー | トップページ | フィジー博物館 »

映画・アニメ・本・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トト・ザ・ヒーロー | トップページ | フィジー博物館 »