« ムラサキ色のうまいヤツ | トップページ | ハリセンボン »

2013年8月 5日 (月)

Kern-Paillard Switar 50mm RX f/1.4

マイクロフォーサーズで使用するとコンパクトながら100mmの中望遠として使える便利なレンズ。Switar 25mmは定番ですが、この50mmもかなりいいですね。絞り開放だとフワッと柔らかく、少し絞ればキリッと画が引き締まります。と、いうほど良い写真はまだ撮れてないんですけど。。。^_^;

この日は晴天だったので絞り開放にはなかなかできなくて、最初の花の写真でもf2.0。まあf1.4だとピントがシビアすぎるので、これくらいが丁度いいかもです。バックも十分ボケます。シネレンズの特徴ともいえる周辺部のぐるぐるボケはほとんどなく、暗部の描写も良いし、こうなると現代レンズとくらべてもそう劣るものではありません。ただし逆光には弱いです。最後の電柱の写真はf2.0で、中央部等倍900x600ドットで切り抜きました。普通こういう被写体はもっと絞って撮りますが、このフワッとした感じがオールドレンズっぽくていいですね。

100mmという焦点距離はポートレイトに最適で、今回のようなお散歩レンズとしてはどうかなと思う一方で、自分の撮りたいものをきちんと見定める、空間から主題を切り抜いて撮るという、これまであまり深く考えてこなかった作業に没頭することができて、なんだかとても楽しかったです。普段はLumix GX1+20mm(40mm相当)またはEOS6D+40mmという、何より40mm大好き派の自分ですが、こうしていつもとは違うテンポで撮るのもまた良いもんだなと、しみじみ思ったのでした。

78sw501 78sw502 78sw503 78sw504 78sw505 78sw506 78sw507 78sw508 78sw509 78sw509x

|

« ムラサキ色のうまいヤツ | トップページ | ハリセンボン »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムラサキ色のうまいヤツ | トップページ | ハリセンボン »