« エンジニア | トップページ | ムラサキ色のうまいヤツ »

2013年8月 3日 (土)

フィジーのヤムイモ食べくらべ

先週スバのマーケットに行って、やっぱりフィジーのウフィ(ヤムイモ=山芋)もイケることがわかったので、今週はさらにディープに食べくらべ!

まず、これまでと違って、今日は今までで一番たくさんウフィを見ました。あ、ウフィ(Ufi)と言っていますがこれはトンガ語ですね。フィジー語ではウビ(Uvi)。今日は市場をぐるっと歩きまわって4種類のヤムイモを見つけました。もちろんすべて購入!

写真1枚目、向かって左からウビ・タニエラ(Taniela)、ウビ・ロカロカ(Lokaloka)、ウビ・ティボリ(Tivoli)、ウビ・ロバ(Rova)。おいしそー!テンションあがるー! ちなみに普通はひと山5ドル(260円)くらいで売っていますが無理やりバラ売りしてもらいました。まあトンガより大きさも値段もかなり下ですね。さてさてお味の方は。。。

①タニエラ:1個5ドル
見た目は黒っぽくてずんぐりで頭の方も平べったい。頭にチョロチョロっと根っこをつけてよく売られています。中身は白くややきめが粗い。水分がとんで引きしまっている感じだけれど、もともとそういう種類なのかたまたま買ったコレが古いのかはわかりません。すりおろすとじわじわと茶色くなりますがそんなに急ではありません。水分は少なめで粘り気はバツグン。トロロの味は野趣に富んでいて、4つの中では一番山芋らしかった。揚げパンにするとますます山芋らしさが味わえます。ソースでもおしょう油でもイケる感じ。

②ロカロカ:1個3ドル
見た目は普通。実はいろんな形があるのでパッと見てロカロカだとわからないこともありそうです。しかし中身は衝撃のムラサキ!!しかもこの超鮮やかな紫色は空気に触れてもぜんぜん変色せずずっときれいな色を保っています。トロロがまた衝撃的ビジュアルですね。粘り気も十分あって、なんだか不思議な気分で口に入れると、4つの中では明らかに甘い。サツマイモの甘さみたい。なかなか美味しいです。揚げパンにしても美味しかったな。でも生のほうが "らしさ" は味わえるかも。人生で一度は食べたいですね、紫色のトロロ!

③ティボリ:1個2ドル
見た目は全体にたくさんヒゲがついてます。スバのマーケットではたぶんティボリが一番売られていて、ティボリだけはちゃんとティボリと値札に書かれているので、フィジー人の好物なのかもしれません。すりおろすと他のにくらべたらやや水っぽいのですが、粘り気は十分。たまたまなのかこの種類の特徴なのかわかりませんが、トロロで食べたらいい意味で少し青っぽくて、クルミのような風味がありました。美味しい。変色せず白いままなのもいいですね。揚げパンにしてもなかなか美味しかった。どんな食べ方でもバランスいいと思います。次も買うならこれかな。

④ロバ:1個2ドル
見た目が白っぽくて日本で売っている山芋に近いです。だいぶ太いですけど。ちなみに持って帰ってくる途中で袋が切れて地面に落ちポキッと折れてしまいました(涙)。芋なのに簡単に折れるところは、それだけ中身もシャキシャキ感があるということ。トロロにするとやや水っぽいけれどやはり粘り気は十分。少し変色しますが舌触りは一番なめらかで、味はクセがなく上品。まあその分山芋の野趣はうすいとも言えますが、とても食べやすいです。揚げパンにしてもソースよりおしょう油が合います。和風な味。日本人ならこれを選べば正解。

ちなみに、揚げパンの作り方は、トロロに天ぷら粉をまぜて揚げるだけ。長めに揚げるとまさにパンのようですが、早めに取り出すと外はカリッ、中はモッチリ。今回はあえて下味はつけずに、ソースとおしょう油でいただきました。うーん、大満足。^_^

76uvi1 76uvi2 76uvi3

|

« エンジニア | トップページ | ムラサキ色のうまいヤツ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンジニア | トップページ | ムラサキ色のうまいヤツ »