« 鮭の頭 | トップページ | ホットサンド »

2013年9月15日 (日)

ヤムイモのケーキ(?)

今夕、フィジーに来て最大のピンチを迎えました。。。

お腹へったなー、そういや先週買ったヤムイモあったなー、と夕方冷蔵庫からおもむろにヤムイモを取り出すと、キッチンに立ちシャッシャッと軽快にヤムイモの皮をむき、続けてショリショリショリッと優しくトロロを作りました。そしてここから、さてどんな食べ方をしようかと考え始めるワタクシ。

とりあえずやっぱりトロロ。ダシ醤油を入れカチャカチャとかき回せばできあがり。あいかわらずいい感じのネバネバです。ヤムイモにもいろいろ種類がありますが、今日はタニエラ。粘りも強くてナッツのような青っぽいコクのある風味が特徴です。ただし、これは少し若かったのか、粘りは前回のものよりやや控えめ。その代わり、すりおろして空気にふれても茶色く変色しませんでした。これはグー。

さてもう一品。5秒だけ悩んで、やっぱり天ぷらにしました。すりおろしたヤムイモに同じくらいの量の水溶き天ぷら粉をまぜて揚げるだけ。いや、今日は卵もひとつ入れました。準備がととのい鍋を火にかけると、、、なんと、スーッと火が消えいくではありませんか!こんな時にガスがなくなるなんて!(泣)

しばし呆然。日曜の夕方にガスコンロは買えません。どうしよう、このネタ。。。誰かん家に持っていくか。。。すみませーん、天ぷら揚げさせてくださーい。。。。いや、それはない。。。

40秒ほど悩んだ末に、ハタとひらめきました。炊飯器があるじゃないかと。ケーキだって焼けるんですよ、炊飯器って。知ってました?

さっそく炊飯器のフタを開けましたが、ふと思いました。ん?ケーキ?甘いほうがいいんじゃね?

そう思うともうそれ以外考えられなくなって、すぐさまハチミツ、そしてレディーグレイのティーバッグから少量の茶葉を投入&まぜまぜ。炊飯器にドローッと流し込みスイッチポン。判断と行動が速いのがワタクシの長所ですな。

もう想像しているのは紅茶のシフォンケーキ。いや、もちろんフワフワってことはないでしょう。でも蒸しパンくらいのものは出来上がるはず。きっと美味しいゾ!のんびり焼き上がりを待とう。。。なんて思ってたらわずか5分で炊飯器の炊飯ボタンがカチャンと上がり、保温モードに。さすがに短すぎる。。。でも再びスイッチを入れようとしてもぜんぜんダメです。そこには「もう出来上がったからな!」という炊飯器の厳然たる決意が存在するばかり。。。

しばらく時間をおいて(お米だってすぐに開けちゃダメでしょ?)、おそるおそるフタを開けてみると、、、あれ?意外とちゃんと火は通っている?指でつんつんしてみると、、、うーん、、、それはそれはケーキとはほど遠い、モチーッとした感触。これはヤムイモケーキが焼きあがったのではなく、ヤムイモが炊きあがった状態です。確かに粉なんてごくわずかしか入れてないですからね。ほぼヤムイモ。

むむー。。。まあ仕方ない、取り出してみよう。でもそこからがちょっと大変でした。なにしろケーキではなくもちろん蒸しパンでもない。あえて言うならお餅。ネトーッとしていい感じのモチモチ感。まあ結局なんとか取り出したら写真のような感じになっちゃいました。(-_-)

でもね、強がりではないですけど、これがまあまあ美味しかったんですよ。もともとヤムイモって素直な味ですし、ハチミツの風味とレディーグレイの爽やか香りもバッチリ。おコゲのところなんて香ばしくてとっても美味でした。これ、もっと粉を入れてちゃんとしたケーキにすることもできるなと思いました。ピンチをチャンスに変えた自分に拍手!人生に失敗なんてありません、あるのは教訓のみ!でもまあ次はもっとがんばります。。。

96yam1 96yam2 96yam3

|

« 鮭の頭 | トップページ | ホットサンド »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鮭の頭 | トップページ | ホットサンド »