« ディワリ ~光のフェスティバル~ | トップページ | フィジーのツナ缶食べくらべ »

2013年11月 6日 (水)

ようやくカレーでピンときた

フィジーはインド系が30万人(人口の4割)いて、カレー屋も星の数ほどあります。なのでこれまでかなりカレーを食べてきましたが、どうもいまひとつピンとくるカレーには出会いませんでした。うだうだと愚痴を ココ とか ココ に書いていますが。

最近は半分諦めの気持ちを抱きつつあったわけですが、ついに、ついに出会いました。そのお店は実は自宅から一番近くにあるカレー屋で、店舗の前を通ると時々ハッとするほどスパイシーな良い香りがしていたので、前々から気になっていたお店です。

月曜日のお昼に初めて食べに入り(この時はひとり)、カッテージチーズとグリーンピースのカレーがびっくりするほど美味しかったので、すぐに職場のカレー好きに報告しました。そして今日、今度はそのカレー好き2人とお店を訪れることになりました。

本日のオーダーはタンドリーチキン、カッテージチーズとグリーンピースのカレー、魚とほうれん草のカレー、バターチキン、ナン、ロティです。結果、一緒に来た2人も大満足。こちらが事前に説明した、「フィジーカレーではなく、インドカレー」という意味もなんとなくわかってくれた様子でこちらも嬉しかったです。

なんというかフィジーのカレーは、インドのものとはスパイスの使い方が違うように思います。全体的にあっさりだし玉ねぎ感が弱く甘みが足りず、ショウガが強め。まあ好みは人それぞれなので、フィジーカレーが美味しいという人は間違いなくいますが、くらべてしまうと、自分はインドのが好きなのかなと。

カレー好き2人も最初から最後までテンション高く、「なんか違う!」「うまい!」と興奮気味に語ってくれたので、とにかく美味しいということに間違いはないと思います。スバのJerald's Catering。ぜひ一度お試しあれ。

121curry3 121curry1 121curry4 121curry5

|

« ディワリ ~光のフェスティバル~ | トップページ | フィジーのツナ缶食べくらべ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディワリ ~光のフェスティバル~ | トップページ | フィジーのツナ缶食べくらべ »