« フィジーでユッケ | トップページ | 都市の生活費ランキング »

2014年3月 3日 (月)

映画でナミダ

最近たて続けにいい映画を観ました。バベットの晩餐会、ガタカ、アナとオットー。どれも名画なので検索すればたくさんレビューが出ます。ストーリーや感動ポイントはそちらをお読みください。^_^;

特にガタカ。時は近未来。遺伝子上、不適格者と断定された人間が、他人のDNAを偽装してまで上を目指す。そこに協力するのは、遺伝子上、最高の適格者であり万能の天才でなければならなかったが挫折し、自ら命を絶とうとした人間。

子どもの頃にちょっとだけ頭が良くて、市内で一番いい学校に行くんだろうと勝手に周りに言われ続け、流されるままにそこを受験し、あえなく散った我が身を振り返ると、なんだかとっても身につまされました。

ジュニア時代から天才と称されるスポーツ選手がたまにいます。国民は勝手に金メダルを期待し、獲れれば当たり前と言い、獲れなければ落胆し罵倒する。そんなのは、いけませんよね。失敗もします。人間だもの。

期待通りにいかないのが人生。不完全なればこそ、予想がつかないからこそ、人生はおもしろい。あの時の失敗は、失敗ではなく教訓。ということでたどり着いた座右の銘、「結果オーライ」。

いや、努力もしますよ、たまにはちゃんと。^_^;

160gattaca

|

« フィジーでユッケ | トップページ | 都市の生活費ランキング »

映画・アニメ・本・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィジーでユッケ | トップページ | 都市の生活費ランキング »