« 映画三昧 | トップページ | 肥満の女性が「美しい」国 »

2014年6月 1日 (日)

怖い夢

昨日(土曜)の夜、わざと少し遅めに怖い映画を観はじめました。もともと怖がりなんですが、たまにはこんなこともしてみようと思って。。。

観たのは "この娘、どこかが変だ" のキャッチコピーでおなじみの「エスター」。設定がとても練られていて、じわじわと真綿で首を絞められるような展開に思わず脂汗が。クライマックス手前、エスターの正体がわかった時には背筋がゾクッとしました。

最後はもうハラハラドキドキ。この手の映画の定石ですが、最後はしつこい。本当にしつこい。そして訪れるカタルシス。エンドロールがまたキテいて、最後まで抜かりなし。あー怖かった。^_^;

そして午前1時、灯りを消して就寝。。。

そこはどこかのビーチリゾート。すでに夜も更け、グラスを片手に何人かが松明を囲んで談笑している。自分はといえば、波打ち際に横たわり、半身は水に洗われるような姿勢で話し込んでいる。

「早くさ、次のネタ考えなよ」 話し相手はロッチの中岡。我々は今日もいいコントライブができた。コンビのシャッフルもよくウケた。中岡はいいキャラを持っている。だからこそ、次に進んでほしい。

「そんなん言うなよ、考えてるよ」 少し語気を荒らげる中岡。散々みんなから言われているのだろう。「だからさ」 そう言った瞬間、大き目の波が来た。ウプッ。。。二人とも波に体勢をくずされ、引き波に乗って一気に20メートルほど沖に流された。

一度にこんなに流されるのかと少々あせったが、ビーチの灯りはすぐそこだ。あちらからは見えなくても、まあ助けをよぶほどのこともないだろう。あれ?中岡は? 「おーい!」 どこに行ったのだろう。姿が見えない。。。

急にゾクッとした自分は、とにかくビーチに向かって泳ぎ始めた。けれど、やけに手足が重い。必死に泳いでるつもりなのに、前に進んでいるのかどうかわからない。足に何かあたった?いや、考えるのはよそう。とにかく泳げ。。。

というところで目が覚めました。午前4時。ふー。。。やっぱり夜中に怖い映画を一人で観るのはやめよう。。。

213esta

|

« 映画三昧 | トップページ | 肥満の女性が「美しい」国 »

映画・アニメ・本・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画三昧 | トップページ | 肥満の女性が「美しい」国 »