« 映画に涙 | トップページ | メランコリア »

2014年6月22日 (日)

「ニューシネマパラダイス」で一番響いたセリフは、『ここにいると自分が世界の中心だと感じる。何もかもが不変だと感じる』。

「モーターサイクル・ダイアリーズ」のように、旅をすることで新しい道が見つかることもあります。人生の中で、やはり旅は必要なんだなと思いました。

でも、帰る場所があるからこその旅です。根っこのない旅は放浪、あるいは流浪。そんな人生はなかなかハードです。そうでなくて良かった。

ああ、南米に行きたい。

|

« 映画に涙 | トップページ | メランコリア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

彼の人生の中で最も印象に残る出来事は、やはりモールドを摂取した際の事だろう。突如現れた黒服サングラスのいかにも怪しそうな男数名に連行され、ドラマでしか見たことがないような、これまたいかにも怪しげな施設に送られると、そこでまたまたドラマでしか見たことがないような尋問部屋に押し入れられ、最後には白衣を纏った科学者に『死』か『への所属』を選ぶよう迫られたに入ってから、彼の日常は一変した。通っていた短大を卒業するや否や、地上にある自身の身の回りを全て引き払い、施設の寮での生活が始まった実行部の上位ポストの専属オペレータになる者もいれば、研究部の統帥を任される者。「いい、質問だ」、私はこう伝えます「勉強ができるからではない。そして、受験勉強は点取り競争ではない。企業が難関大の学生を採用するのには、ワケがあるんだ。
[url=http://www.xmbeach.com]オークリー 店舗[/url]
オークリー 店舗

投稿: オークリー 店舗 | 2014年7月15日 (火) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画に涙 | トップページ | メランコリア »