« フィジーのゲームセンター | トップページ | アイスクリームの天ぷら »

2014年9月 8日 (月)

サバ缶

フィジーでは今月17日に総選挙が行われます。近年のフィジーでは選挙のたびにクーデターが起こり政権が交代。今は2006年のとき以来、軍事政権ということになっています。(普段の生活ではまったくそんな感じはしませんが)

で、今回も選挙の後は何があるかわからないということで(可能性は低いんだと思いますが)、一応備蓄なんかもし始めているわけです。水、食料、電池、ロウソク、あれやこれや。

そんな中で買ったのがサバ缶。普段はあまり食べないけれど、どうせなら食べくらべなんかもしたりして、楽しい備蓄ライフにしよう。そう思ってスーパーでいろいろ買ってきました。

まあ備蓄なので一気に食べてしまうわけにはいきませんが、とりあえず安心のPAFCO製Sun Bellブランドから食べ始めてみました。1日1個ですね。昨日は普通の(オイル漬け)、今日はトマト煮。

さすがPAFCO、美味しい。お腹の部分はトロトロ。血合いも臭みがなくていい食感。骨もサクサク。ほとんど塩味はついていないので1缶食べるとちょっと飽きがきてしまいますが、お醤油やマヨネーズをつければ最後まで美味しくいただくことができます。刻みタマネギと青じそドレッシングにほぐした身をまぜてサラダ風にしてもいいかも。

トマト煮はお鍋にあけてコンソメ・ニンニク・トウガラシで少し煮込んでみました。うーん、甘味がほしいな。次は炒め玉ねぎでも入れてみようか。ポテンシャルが高いのでいろいろと想像力がわきます。

このボリュームで1缶(425g Net)150円しません。サバ缶、ちょっとはまりそうです。いやいや、備蓄だった。明日追加を買ってこなければ。^_^;

【9/09追記】
3つ目に食べたのはカナダ製Brunswickのオイル煮。PAFCOのオイル煮が文字通りほとんどオイルだったのに対し、こちらはほとんど水煮のようなサラッとした汁です。

サバの身自体はPAFCOの方が上等。なんといってもPAFCOは太い胴の身がごろりとひとつ。お腹のあたりはトロの部分があるし、全体的に身がひきしまっていて、料理の素材としてもかなり優秀だと思いました。

一方のBrunswickは尻尾の方が3切れ。ちょっと残念に思う人もいるでしょう。しかし身は柔らかく煮こまれ、塩気が絶妙なので、そのままパクパクと1缶食べられます。実は自分は魚の尻尾の方の部位が好きなので、きっと胴の身は高級缶詰に回されているんだろうなとは思いつつ、こっちの方が自分的には当たりでした。血合いが多いのがいいですね。

全体的に臭くはないけれど、PAFCOよりは多少臭いがあるなと思いました。主観ですが、素材としてなら断然PAFCO、そのまま食べるならBrunswickといったところでしょうか。でも輸入製品なのでちょっと高いです。1缶(425g Net)210円。うーん、微妙。

236saba1 236saba2 236saba3 236saba4

|

« フィジーのゲームセンター | トップページ | アイスクリームの天ぷら »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィジーのゲームセンター | トップページ | アイスクリームの天ぷら »