« ハッジの季節 | トップページ | フィジー来訪者数 »

2014年9月23日 (火)

ソーセージ

日本に帰って美味しいなあと思うもの、それはソーセージ。粗挽きポークウインナーのパリッ、プリッ、肉汁ジュワーな感じは、なかなか他所では味わえません。

そしてフィジー。なぜか、というかまあ理由は分かるんですが、とにかくポークソーセージが見当たらない。おまけにビーフもない。どこに行ってもチキンとラムのソーセージばかり。

これ、明らかにインド系フィジー人のせいですね。スーパーマーケットとかインド系が手広くやっているし。そりゃあ牛も豚もないわけです。宗教的に。

しかし今日の仕事帰り、いつものMHCCで買い物していたら、精肉コーナーになんとポークソーセージが!これは即買い!

で、家に帰ってから茹でてみました。お湯を沸騰させたら生ソーセージを投入。生の豚肉なので、お皿の落し蓋をして5分はごく弱火で、さらに火を消して5分。フランクフルトの大きさですからまあこんなもんでしょう。

茹で上がったソーセージは見事にどれも腸(?)から脱皮していましたが、まあいいです。3本はそのまま、3本はなんとなく少し焼いて、じっくり食してみました。

まあ、なんというか、味は悪くないし、ポークなのでコクもあるし、十分といえば十分なんですが、いかんせん食感が。練り練りです。。。パリッ、プリッ、なんて望むべくもないのはわかっていたけれど、やっぱりちょっと残念。でも美味しかったです。

ところでなぜ6本も茹でてしまったかというと、3本ずつつながっていたから。3本じゃ足りないかなと思ってのことでしたが、3本で見事に食べ飽きました。味が濃いですからね、ソーセージ。うーん、1kgも買っちゃったよ。。。

250ss1 250ss2 250ss3 250ss4 250ss5 250ss6

|

« ハッジの季節 | トップページ | フィジー来訪者数 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 オセアニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハッジの季節 | トップページ | フィジー来訪者数 »