« インドネシアで映画鑑賞 | トップページ | 三本足 »

2015年8月 4日 (火)

ショッピングモール

インドネシアはジャカルタだけが突出して経済発展しており、いわゆる「第二の都市」がないと言われています。

2億4000万の国民1人あたりのGDPは3500ドルですが、ジャカルタ(960万人)だけが1万ドルをわずかに越えており、あとの都市は軒並み1000~2000ドルです(東カリマンタン/355万人=6500ドル、リアウ&リアウ諸島/700万人=4300ドルを除く)。

ただし、世界的に見ればジャカルタですらそれほどお金持ちなわけではありません。にもかかわらず、ジャカルタにはゴージャスなショッピングモールがたくさんあります。

写真はこれまで行ったモールです。1~3枚目は同じモール(Pacific Place)ですが、あとは全部別の所。順番にPlaza Senayan、Senayan City、City Walk Sudirman、Gandaria City、Block M Plaza、Ciputra World (Lotte Shopping Avenue)、Grand Indonesia。

どのモールにも高級ブランドから庶民的な衣料品店(H&Mみたいな)、フードコートやレストラン(たいがい日本食あり)、映画館、喫茶店、スー パー、電気屋、電話屋、本屋、マッサージ屋、美容院などがあって、1ヶ所行けばだいたいなんでも用が足りますし、土日のいい暇つぶしになっています。(写真のうちBlock Mだけは庶民派です、西友くらい)

他にもまだまだモールがたくさんあって、どこも高級ブランドがたくさん入っています。高級外車まで売っているモールもあるわけですが、グッチやプラダのお店でお客が買い物をしているのを見たことがありません。ホント、他人事ながら経営は大丈夫かと心配になってしまいます。

どうかつぶれませんように。

017sc1 017sc2 017sc3 017sc4 017sc5 017sc6 017sc7 017sc8 017sc9 017sc10

|

« インドネシアで映画鑑賞 | トップページ | 三本足 »

旅行・地域 インドネシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシアで映画鑑賞 | トップページ | 三本足 »