« バティック巡り in インドラマユ | トップページ | どれにしようかな »

2016年2月 8日 (月)

バティックシャツをもう1枚

手描きのバティックも買ったし、いよいよシャツ作りに進もうと思いますが、その前にもう一度バティック屋で相場感を確かめようと、バティックの殿堂 "Pasaraya" に行ってきました。

インドラマユ製はありませんでしたが、ソロやプカロンガンなど有名どころがたくさん並んでいて、どれも生地だけで5万円、6万円。確かに素晴らしいのですが、もうため息しか出ません。

実は今日、旧正月のセールをやっていて、バティック全品40%オフとのこと。5万円が3万円、、、一瞬悩んだけれどすぐに「ないない」と気づきまたため息。。

しかし40%オフでもペイするということは、その地方に行けばきっと半額では買えるということだな。よしよし。

広いフロアーをくまなく見ているうちに、去年来た時、手描き感がけっこう良くてまあまあ気に入ったけれど高くて買わなかったバティックシャツが売れ残っているのを見つけました。

78万ルピア(7000円)では躊躇しましたが、4200円ならばと即決。帰宅してあらためて羽織ってみると、やはり機械プリントシャツとは雰囲気がぜんぜん違います。

去年は「なんかヘタウマ?」とか思っていましたが(写真参照)、今となってはむしろ「味」と思えるので、人間の感性とは不思議なものです。

007batik01

|

« バティック巡り in インドラマユ | トップページ | どれにしようかな »

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バティック巡り in インドラマユ | トップページ | どれにしようかな »