« ニアス島のビーチ | トップページ | バタック料理 »

2016年3月18日 (金)

ニアス島で食べたもの

【一日目夕食】
・レッドスナッパーのグリル(イカン・バカル)
・エビのグリル(ウダン・バカル)
トゥルクダラムで一番美味しいシーフードというお店に連れて行ってもらいました。どこにでもあるイカン・バカルですが確かにタレがメチャウマ。身も新鮮でプリプリ。エビも高かったけど食べてよかった。本当に美味しかった。実はクルミの殻で焼いているというこだわり派。

【二日目朝食】
・焼きバナナを食パンにはさんで
もともとピサン・ゴレン(揚げバナナ)が大好き。華やかな酸味と甘味が絶妙のハーモニー。

【二日目昼食】
・ガドガドサラダ
シャキシャキの茹で野菜、濃厚なピーナッツソース。今まで食べたガドガドで一番美味しかった。ニアス語でビンチャルだったかな?

【二日目夕食】
・豚肉のシチューというかカレーっぽいの(サクサン)
・豚肉のグリル(バビ・パンガン、たぶんバタック語でパンガン・ポルシ)
・豚足スープ
ニアスはキリスト教なので豚肉料理があると聞いていましたが、レンタカーの運転手がイスラム教徒だったためうまくお店にたどり着けませんでした。なのでメダンから一緒に来てもらった案内人(バタック人)おすすめのバタック料理屋へ。3品豚づくし。どれもコッテリで美味い!お店のご主人はニアス人、奥様(シェフ)がバタック人。

【三日目朝食】
・バナナの乗ったパンケーキ
バナナ最高。

【三日目昼食】
・パダン料理のお店(牛スープ、チキンカレー、何かの青菜グリーンカレー味)
テーブルにたくさんの小皿が運ばれてきます。食べた分だけチャージ。食べ終わった後お皿を持ち帰るお店のご主人はさすがのテクニック。左腕に9皿も。

ということで、これぞニアス!という料理は食べられなかったような気もしますが、なんだかんだハズレなしでした。あ、帰りがけに買ったニアスコーヒーがなかなかの美味。

ニアス島の定番土産(と信じていますが)ドドル・ドリアン(ドリアン羊羹)はこれまで食べたいくつかのドドルの中では、モッチリ度、ドリアン度、味のバランス度で群を抜いていました。

帰りにメダンの空港で買ったビカ・アンボン(モチモチプルプルのケーキ)もさすがメダン名物、とっても美味しくいただきました。

051food1 051food2 051food2a 051food3 051food4 051food5 051food6 051food7 051food8 051food9 051food9b 051food9c

|

« ニアス島のビーチ | トップページ | バタック料理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニアス島のビーチ | トップページ | バタック料理 »