« ニアス島の伝統家屋 | トップページ | ニアス島で食べたもの »

2016年3月17日 (木)

ニアス島のビーチ

ニアス島の南にサーフィンのメッカがあります。ソラケビーチもそのひとつ。2004年12月の地震・津波ではそれほど大きな被害はなかったそうですが、翌年3月の地震・津波では大きな被害を受けました。

ソラケビーチでリゾートホテルを再開したご主人に聞いてみると、彼は当時宿泊客と一緒にサーフインをしていたそうですが、地震の第一報を聞いてすかさずみんなと高台に避難し事なきを得たそうです。

ただし、ホテルは2~3メートルの津波にやられめちゃくちゃになりました。今も小さなリゾートホテルがずらりと建ちならぶソラケビーチですが、実は放置されている建物もたくさんあります。(写真1枚目)

同じ小さな湾にあってソラケに隣接しているのがラグンドリビーチ。ソラケにくらべてとてもきれいな白砂のビーチが続いています (写真2枚目以降)。湾の一番奥まった場所にあるため波は穏やかですが、津波の被害はその分大きなものとなりました。

道端には完全に破壊されたリゾートホテルが、基礎と何枚かの壁を残してそのままになっていました。これだけの破壊を目の当たりにしてしまうと、さすがにリゾートを再開しようという者は少ないのでしょう。素晴らしいビーチなのに、今は1軒しかホテルがありませんでした。

この辺りを走っていると、津波の際の避難を誘導する看板が無数に立っています。今は南国のまばゆい光と頬をなでる生温かい風がただ気だるさを誘うばかりですが、あの時はきっと修羅場だったんだろうなと、そんなことを想起させるのでした。

049beach7 049beach1 049beach2 049beach3 049beach4 049beach6 049beach5

|

« ニアス島の伝統家屋 | トップページ | ニアス島で食べたもの »

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニアス島の伝統家屋 | トップページ | ニアス島で食べたもの »