« インドネシア風お会計システム | トップページ | 宇宙海賊になれるかも »

2016年4月11日 (月)

お粥専門店にて

スマホでGoogle Mapを行き来しながら、レストランを片っ端からクリックしていくと、時々すごくユーザーレビューの多いお店を発見します。お粥専門店 Bubur Kwang Tungもそんなお店のひとつで、評価もかなり高く、行く前から期待が高まりました。

日曜日の午後1時半頃お店に到着すると、すでにテーブルは満席で、前に2組待ち人が。まあこれなら待ってみようと15分くらい入り口に立っていたら、そのうちまた何組かお客が入ってきました。

前の2組が席に着いて、いよいよ次は自分の番だとわくわくしていたら、後から入店してきた男女カップルのうち女性が、お皿を片付け始めたテーブルの前に、まさに自分の目の前に、すっと割り込んできました。

おっと、、こんな大胆な割り込みってそうそうないよなと思いつつ、割りこまれたらそれはそれで面白いので自分からは何も言わず平静を装い待っていました。店員がどう対応するのかにも興味があったし。

そしてテーブルがすべて片付けられた瞬間、割り込み女性はすかさず席に座ろうと1歩前に出ました。ところが、店員が落ち着いた態度で、「次はこの人達だから」と言わんばかりに、こちらを顎で差し示したのです。

この毅然とした態度に、その女性はムッとしながらも後ろに下がり、晴れて自分は順番通りに席につくことができたわけです。よくよく見るとこのお店は店員の動きに無駄がありません。テキパキと流れるように作業をしています。ちょっと感動すら覚えました。

肝心のお味の方は、さすが人気店だけあって、お粥はかなり美味しかったです。他の料理もみんな美味しい。ただ、春巻きを頼んだのに出てきたのはパイナップルが効いたトロピカル風味のクリームコロッケみたいなもので、凝った料理だし味は悪くなかったのですが、春巻きとしてはどうなのかなという感じでした。

最後は天然ココナッツのゼリーと茶色い謎のゼリー(亀という文字が?)で美味しくしめました。

ちなみに、割り込もうとしたカップルは隣のテーブルに座りましたが、テーブルに運ばれてきた料理は、白飯、もやし炒め、ちょっとした揚げ物。これだけ。お粥専門店なのに。料理みんな美味しいのに。割り込もうたしたくらいお腹ペコペコだったんじゃないの・・?

会話も弾んでいなかったし、勝手に悲しいストーリーを想像してしまいました。二人は地方から出てきた新婚夫婦で、結婚記念日に人気店に来てみたけれど、たかがお粥と思っていたら意外と値段が高くて、肝心のお粥が食べられなかった。旦那さんは「いいからお前だけでも食べろよ」と言っているのに、「そんなみっともない、あなたの稼ぎじゃせいぜい白飯ともやし炒めよ」とふてくされる嫁、、、みたいな。

ま、そんな日曜の昼下がりでした。

065bubur 065bubur2 065bubur3 065bubur4 065bubur5

|

« インドネシア風お会計システム | トップページ | 宇宙海賊になれるかも »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア風お会計システム | トップページ | 宇宙海賊になれるかも »