« バンジャルマシン (3) | トップページ | バンジャルマシン (5) »

2016年5月 6日 (金)

バンジャルマシン (4)

クンバン島の猿見学があっという間に終わってしまったので、これはもうひとつツアーを組めるなと思い、昼間町で声をかけてきたローカルのツアコンにすかさず連絡、午後2時過ぎから再びボートをチャーターし、テングザルを見に行くことにしました。

目指すはカゲッ島 (Pulau Kaget)。エリアとしてはバンジャルマシンを出て隣のマルタプラになります。少し遠出になるので、川の周囲の景色も都会のそれから田園風景そのものに変わってきました。

087bm01 087bm02

カゲッ島は自然保護区に指定されており、面積85ヘクタールの自然環境の中に、カリマンタンのみに生息している絶滅危惧種のテングザルがいます。川の畔に建てられたあの口から水を噴射する巨大なサルこそ、南カリマンタン州のマスコット、テングザルだったんです。

ツアコン曰く、午後のこの時間はテングザルが樹に登ってエサ(木の実、木の花)を食べるので目撃率が大いに高まるとのこと。実際そのとおり、すぐにふたつの群れに遭遇することができました。ひとつの群れはボスザルを中心に6匹だそうです。しかし70mmレンズでは辛かった。。

087bm03 087bm04

帰りはちょうど夕暮れ時。子供ばかりか大人までも、水遊びや水浴を楽しむリラックスタイムでした。気持ちよさそうだったなあ。

087bm05 087bm06 087bm07

夕食はまたSate Kijangでソト・バンジャルを食べました。うん、やっぱりソト・バンジャルはこういう味なんだな。何が違うかわからないけれど、やっぱり他のスープとは違ってちゃんとソト・バンジャルの味だ。白濁しているし。ちなみにいつも一人の食事ですが、今日は隣の椅子にずっと猫が座っていたのでさみしくなかったです。^_^

087bm08 087bm09

|

« バンジャルマシン (3) | トップページ | バンジャルマシン (5) »

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンジャルマシン (3) | トップページ | バンジャルマシン (5) »